デビットカード

クレジットカードの使いすぎが怖いなら、プリペイドカードやデビットカードがお薦め?

投稿日:2016年12月12日 更新日:

現金以外の決済方法といえば、クレジットカードだけでなく、デビットカードやプリペイドカード等の決済方法があります。しかしながら、様々な電子決済の手段が増えるにも関わらず、クレジットカードの利用が大半を占めている事も事実。

当然、クレジットカードを利用する方にとっては「使いすぎ」という不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

そんな不安を感じるのであれば、デビットカードやプリペイドカードに切り替えてみてはいかがですか?今回は、カードの違いやメリット・デメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

電子決済ができるカードの種類

電子決済ができるカードは主に、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの3種類があります。

デビットカードやプリペイドカードは国際ブランド(VISA、Mastercard、JCB等)が付帯しているカードも多いので、クレジットカードと同様に日本だけでなく、海外でも様々な店舗で利用ができます。

 

クレジットカード

まず、電子決済ができるカードの中で事前に審査が必要になるのはクレジットカードのみです。

審査が必要な理由としては、クレジットカードがいわゆる「後払い方式」だからです。カード決済後にその利用金額を支払うまでに大抵は、1ヵ月以上かかります。カード発行会社は、その人に支払い能力があるのか?そして、支払いはどの位の金額まで可能であるのか?という事を見極めたうえで、発行可否を考えます。

 

メリット

その場で現金の手持ちや口座残高が無い場合でも決済ができる為、急な出費に対応できる事。又、現在は生活の一部となっている「カード払いによって得られるポイント」が他のカードに比べて高い事がメリットといえます。

 

デメリット

カード使い過ぎの可能性です。電子決済は、現金決済と比べてお金を払っているという感覚が少なくなります。財布からそして、自分の口座からその場でお金が減る事が無い為、使いすぎて今後の支払いが難しくなるという事が、可能性として起り得ます。又、分割払いやリボ払いを利用する事で、支払いを更に先延ばしにする事ができます。いつの間にか利用残高が何十万円にもなっていて、手数料や利息だけを支払い続ける事になる方もいます。便利な反面、それに対するリスクは必ずあるので、利用の際には、注意が必要といえるでしょう。

 

デビットカード

金融機関が発行するカードです。その金融機関の口座を持っていれば、一例を除きほぼ100%作成をする事ができます。理由としては、カード決済時、その口座残高からリアルタイムで支払いを行い尚且つ、口座残高以上の決済ができません。カード発行会社も、審査をする必要がないんですね。

 

メリット

手持ちの現金がない場合でも口座に残高があれば決済ができます。そして、口座残高以上の決済ができない為、カードを使いすぎるという心配がありません。又、口座から現金を引き出す手間が省ける事もメリットの一つといえます。深夜遅い時間帯に現金が無くても支払いができますし尚且つ、出金手数料も節約ができます。

 

デメリット

現金や口座残高が無い時の出費に対応できない事でしょう。又、クレジットカードに比べて「カード払いによって得られるポイント」が一般的には少ないです。更には、発行しているカードの種類が少ない為、選択肢が少ない事もデメリットとして挙げられます。

しかしながら、地方の都市銀行でもデビットカードを発行している金融機関は増えつつありますし、国際ブランドが付帯している為、クレジットカードに比べて利用できない店舗が少ないわけではありません。一度、よく利用される地方銀行が発行しているかどうか確認してみてはいかがでしょうか

クレジットカードの種類が増えすぎているからこそ、選択肢に困らない事はメリットの一つといえるかもしれませんね。

 

■関連記事

デビットカードが使える店舗や場所は?発行している都市・地方銀行の一覧表!

 

プリペイドカード

事前にカード自体に入金(チャージ)を行い、その残高から電子決済が可能になる、いわば「前払い方式」です。当然、カード発行時の審査は必要ありません。

 

メリット

残高以上の支払いができない為、カードを使いすぎるという心配はありません。

 

デメリット

事前にカード自体に入金(チャージ)を行わなければ利用できません。又、1回で入金(チャージ)できる金額や上限が設定されている場合もありますので、高額な決済には不向きです。

しかしながら、大型スーパーでのクレジットカード利用比率を例に挙げて考えると、ある事が分かります。クレジットカードでの「日用品や衣類等の生活雑貨」と「食品」の利用比率を比べてみると、同じ店舗内でも食品の購入に対しては、クレジットカード決済が少なくプリペイドカード決済が多いというデータがあります。食品に対する請求が「1ヶ月後まとめて請求される事」に抵抗を感じる方が多いようです。

少額な決済においては、プリペイドカードの方が利用しやすいかもしれませんね。

 

まとめ

以上、電子決済できるカードの種類とメリット・デメリットに関してまとめてみました。今やカードの種類は増えすぎて、どのカードが自分に合っているか分からない方も多いと思います。しかしながら、まず大前提として、前払い方式や後払い方式等、どの決済手段が自分に適しているかを考えましょう。

その上で、どのカード会社のものを選択していくか結論を出す事を私はお薦めします。

スポンサーリンク

-デビットカード


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

VISAデビットカードの種類と還元率!ポイントではなく現金をキャッシュバックしてくれる金融機関は?

日本における電子決済の主流といえばクレジットカードですが、クレジットカードのように利用でき尚且つ、使いすぎの心配が無い銀行口座と直結したデビットカードも普及してきました。 そして、クレジットカードやデ …

クレジットカードやデビットカードの電子決済と現金決済!安全性やメリット・デメリットを比較!

2020年の東京オリンピックに対し、「おもてなし」精神を提示した日本。しかしながら、外国人海外観光客は日本への旅行に対してある懸念を抱いています。それは、「自分のカードが使えないかもしれない・・・」と …

ソニー銀行のSony Bank WALLET!楽天銀行デビットカード(JCB)と比較したメリット・デメリットは?

Sony Bank WALLETは、ソニー銀行が発行するデビットカードです。 デビットカードといえば、クレジットカードのように利用ができ尚且つ、銀行口座と直結している為、使いすぎの心配がない事と入出金 …

三菱東京UFJ-VISAデビットカードのメリット・デメリット!年会費と還元率を比較した一覧表も!

三菱東京UFJ-VISAデビットはメガバンクの三菱東京UFJ銀行が発行するデビットカードです。 日本で発行されている国際ブランドのデビットカードはVISA・JCBの2種類があり三菱東京UFJ銀行のデビ …

三井住友銀行のSMBCデビットと三菱東京UFJ-VISAデビットを比較したメリット・デメリットは?

SMBCデビットはメガバンクの三井住友銀行が発行する年会費無料のデビットカードです。 日本で発行されている国際ブランドのデビットカードはVISA・JCBの2種類がありSMBCデビットカードは、VISA …

デビットカードが使える店舗や場所は?発行している都市・地方銀行の一覧表!

デビットカードといえば、都市銀行やインターネットバンクばかりが目立ってしまいがちですが、現在は、地方銀行でも少しずつ発行を始めています。身近にある銀行が発行しているなら、安心感がありませんか? 又、銀 …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。営業経験も長い為、情報を聞き出す事・調べる事には自信を持ってます。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。