ドコモ光 プロバイダ

ドコモ光でGMOとくとくBBをプロバイダに!遅い通信速度はv6プラスとレンタルルーターで大幅に改善!

投稿日:2017年7月2日 更新日:

ドコモ光の提携プロバイダ「GMOとくとくBB」を選ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。

インターネットを利用する際、気になるのは通信速度が遅い事。GMOとくとくBBは、その通信速度を上げる為に、「高性能ルーターの無料貸し出し」や「v6プラスの採用」等、他社にはない様々なサービスを提供しています。

又、プロバイダをGMOとくとくBBに指定する事でドコモ光のキャンペーンだけでなく更なるお得なキャンペーンも受け取る事ができます。

インターネットをより快適に利用されたい方、プロバイダは1度「GMOとくとくBB」を検討してみてはいかがでしょう?



ドコモ光申込のキャンペーン

現在、ドコモ光に申し込むと最大で20,000円分のdポイントドコモ光開通の翌々月に獲得でき、更に工事費が無料になるキャンペーンを実施しています。

尚、適用条件は下記のようになります。

  • 2018年5月7日までにドコモ光申込
  • 2018年11月7日までのドコモ光開通
  • ドコモ光契約者がdポイントクラブ会員である事

 

最大1万円分のdポイント

2年定期契約プランでのドコモ光申し込みにより最大10,000円分のdポイントを獲得できます。

キャンペーン
転用5,000円分のdポイント
新規10,000円分のdポイント

 

尚、転用申込とは現在フレッツ光を利用中の方がドコモ光へ切り替える手続き。新規申込とは、フレッツ光・ドコモ光を未契約の方が新たにドコモ光を契約する手続きのことです。

 

エリア限定で最大1万円分のdポイント

更に、東海エリア限定(静岡県、愛知県、岐阜県、三重県)で最大10,000円分のdポイントを追加で獲得できます。

尚、獲得できるポイントは期間・用途限定ポイントになります。

キャンペーン
転用5,000円分のdポイント
新規10,000円分のdポイント

 

今だけ工事費が無料

新規申込時に発生する下記工事費が無料になります。また、転用の場合も一部(200Mbps→1Gbpsの場合は2,000円)を除き、工事費は無料になります。

 派遣工事無派遣工事
戸建てタイプ18,000円2,000円
マンションタイプ15,000円2,000円

 

▼GMOの公式HP▼

 

GMOとくとくBBのメリット

更にGMOとくとくBBをプロバイダに指定した場合のメリットをご紹介していきます。

下記がネット契約のみの料金表です。GMOとくとくBBはタイプAのプランが適用される為、タイプBより月額料金は200円安くなります。更に、タイプAの中でも他社を圧倒したお得なサービスやメリットを提供しています。

尚、料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。2年定期契約無の場合、解約時の違約金は発生しません。

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です

 

Web申込で最大15,500円の還元

2018年2月2日(金)17時からドコモ光の申込(ひかりTV 2年割またはスカパーの申込が必要)をWebから行うと最大で15,500円がキャッシュバックされます。

新規申込は全国どこでも11,000円。転用申込は下記エリアが15,500円。それ以外は11,000円が還元されます。

転用申込で15,500円が還元されるエリア
東北青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
関東・甲信越東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県
関西大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
中国広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県
九州福岡県、佐賀県、熊本県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

尚、下記に該当する方は対象外となるので注意が必要です。

  • 公式HP以外からの申し込み
    (ドコモショップや家電量販店等は対象外)
  • 2018年6月30日までにドコモ光未開通
  • 工事完了の翌月末日までに受取手続き未完了
    (手続き方法はGMOのHPをご確認下さい)
▼GMOの公式HP▼

 

手続き時間が大幅に短縮

ドコモ光契約の際、一番憂鬱になるのがドコモショップへの来店と、契約手続き完了までに物凄く時間がかかる事。

私の友人もドコモ光契約の為に、ドコモショップへ来店したところ、半日以上の時間を使ってしまいました。(その頃は、ドコモ光開始当初)その憂鬱な時間がGMOのWEB申込により大幅に短縮される事もメリットの一つでしょう。

来店とWEB申込でどの位の時間が短縮できるかというと、少なく見積もっても2時間以上です。忙しい現代人にとって、この2時間てとても貴重ですよね。

では、実際に「なぜ時間がかかるのか?」というと、、、

 

ドコモショップ

ドコモショップというのは、休日は特に、混雑が売りかのごとくとにかく待ち時間が長い事が多いです。(すぐに受付ができるショップもあります)

待ち時間が無くても、来店するとなるとその時間もかかってくるので、最低でも1時間ほど。まずはこの時間の短縮が可能になります。

 

ドコモ光サービスセンター

ドコモ光契約時はまず、ドコモショップ店員の方より契約内容の説明があります。その後、ドコモ光サービスセンターへ連絡し、工事日の調整が必要です。しかしながら、ドコモ光サービスセンターはとにかく電話がつながりにくいです。

ドコモ光開始当初に比べれば、繋がりやすくなっているでしょうが、それでもドコモショップでの手続きとなれば時間がかかるのは今も同じでしょう。長ければ1時間ほどかかる可能性もあります。

▼GMOの公式HP▼

 

通信速度が速い

通信速度はGMOとくとくBBの測定結果によると下記のようになります。

有線環境での通信速度
全国平均164.28Mbps
北海道206.70Mbps
東北113.55Mbps
埼玉214.03Mbps
千葉97.30Mbps
東京320.51Mbps
神奈川217.47Mbps
南関東135.60Mbps
中部182.86Mbps
近畿154.01Mbps
中国187.58Mbps
四国131.19Mbps
九州138.04Mbps
※2017年8月~2018年2月の集計結果(全国合計2,334件)

 

では、なぜそんなに早いのか?答えはGMOが採用している「v6プラス」という技術にあります。

 

「v6プラス」で速度を差別化

最近、IPv6接続という言葉を耳にするようになりました。

では、それにより通信速度は速くなるのか?

答えは「Yes」です。

「GMOとくとくBB」は、ドコモ光提携プロバイダの中でもIPv6接続により速度向上が見込める数少ない事業者の一つです。理由は下記表③のIPv4 over IPv6。通称v6プラスに対応しているから。

IPv6接続は大まかに下記3種類に分けられ、対応しているプロバイダも異なります。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
ぷらら(東京・大阪以外)
DTI
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
@TCOM
TNC
@ちゃんぷるネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
ドコモnet
ぷらら(東京・大阪)
SYNAPSE
ASAHIネット
タイガースネット
OCN
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
※対応ISPは2018年2月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。

 

上記表①は速度の改善は見込めません。では②と③の違いは何なのか?

それはIPv6接続に対応していないWebサイトでも速度が変わるか否かです。2018年2月現在IPv6接続に対応している一般的なWebサイトはGoogle・Youtube・Facebook・Netflix・WikiPedia位です。

つまり②は上記サイトでしか速度は改善されませんが「GMOとくとくBB」が該当する③は「Google」や「Youtube」以外でも通信速度の改善が見込めます。

これはとても大きな違いですね。

尚、「GMOとくとくBB」がアピールしている「v6プラス」とは上記表③のサービス名称なんですね。「v6プラス」以外にも下記のような名称があります。

IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)のサービス名称
(VNE事業者)
v6プラス
(JPNE)
GMOとくとくBB
IC-net
@nifty
ANDLINE
SIS
So-net
IPv6オプション
(BIGLOBE)
BIGLOBE
(旧v6プラス)
IPv4インターネット接続
オプションサービス
(マルチフィード)
・So-net
(~2018/04/16)
IPv6高速ハイブリッド
IPv6 IPoE+IPv4
(BBIX)
Yahoo! BB
※So-netは2018年4月17日よりv6プラスでの提供を開始しました。
※Yahoo! BBはドコモ光提携プロバイダではありません。

 

そして「IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)」が利用できる旨を正式に公開しているプロバイダは、2018年2月時点ではv6プラス(BIGLOBE含む)に対応した「GMOとくとくBBANDLINEBIGLOBEIC-NET@niftySISSo-net」。

その中で、v6プラスに対応したルーターを無料レンタルできるのは、「GMOとくとくBB」と「ANDLINE」だけ。更にGMOとANDLINEのルーターは以下のようにスペックに格差があります。

ISP事業者最大転送速度
GMOとくとくBB1300+450Mbps
ANDLINE867+300Mbps
DTI867+300Mbps
IC-NET300Mbps
※IC-netは上記ルーターとは別にv6プラス対応ルーターを貸し出ししていますが月額料金が300円かかります。

 

■IPv6接続に関してもっと詳しく知りたい方はコチラ↓↓↓

 

また、「IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)」への対応ルーターは下記のようにサービスによって異なりますし、そもそもプロバイダ自体が動作保証をしているわけではない為、確認せずに購入してしまうとv6プラスでの利用ができなかったという可能性もあるんです。

そんなリスクだけでなく手間や費用をかける位ならプロバイダ自体が無料で貸し出ししているルーターを利用しない手はないと思います。

サービス名称
(VNE事業者)
対応機器
v6プラス
(JPNE)
■NTT東西のHGW
・RT-S300シリーズ
・PR-S300シリーズ
・RV-S340シリーズ
・RT-400シリーズ
・PR-400シリーズ
・RV-440シリーズ
・RT-500シリーズ
・PR-500シリーズ
・RS-500シリーズ

■ルーター
・WXR-2533DHP2
・WXR-2533DHP
・WXR-1900DHP3
・WXR-1901DHP3
・WXR-1900DHP2
・WXR-1900DHP
・WXR-1750DHP
・WXR-1750DHP2
・WXR-1751DHP2
・WN-AX1167GR
(ファームウェアバージョン3.20以降)
・WN-AX1167GR/V6
(ファームウェアバージョン3.20以降)

⇒詳細はコチラ
IPv6オプション
(BIGLOBE)
IPv4インターネット接続オプションサービス
(マルチフィード)
■ルーター
・WXR-1900DHP 他
・Cisco 1812J
・WS325
・SEILシリーズ
・WN-AX1167GR
・UNIVERGE IXシリーズ
・NVR500、RTX1210

⇒詳細はコチラ
※記載しているルーターはプロバイダではなくネイティブ(VNE)事業者が動作保証をしています。

 

ちなみにGMOからのレンタルルーターや市販のルーターはWi-Fi(無線)機能が付いていますが、光電話の契約で提供されるホームゲートウェイ(HGW)は有線接続しかできません。よって、HGWで無線(Wi-Fi)接続するには無線LANカードのレンタルまたはルーターの用意が必要になります。

 

▼HGWで無線(Wi-Fi)接続するにはコチラ▼

 

100円分のポイント還元

下りの通信速度が100Mbps以下なら、GMOポイント100円分が還元されます。そして値引きは、毎月申請可能です。

実際、100Mbpsってかなり凄い数字ですよ。下記の関連記事をご覧いただければ分かると思います。あくまで参考程度の数値ですが、ドコモ光提携プロバイダの中で、100Mbpsを超えているプロバイダは半分以下ですから・・・

 

■関連記事

 

尚、下記に該当する方は対象外になるのでご注意を!

環境対象外の条件
全般マンションタイプでVDSL方式の場合
パソコンが「Windows7」、「Mac10.7」より前のOSを利用中の場合
有線環境LANケーブルが「CAT5e」(1Gbps未対応)より前の規格の場合
LANポート ( LANケーブルの差し込み口 ) が「1000BASE-T」(1G対応)より前の規格の場合
無線環境GMOとくとくBBのレンタルルーター以外を利用している場合
NTTよりレンタルしているホームゲートウェイが、「RT-S300、PR-S300、RV-S340、PR-400、RV-440、RT-400、PR-500、RT-500」以外の場合
▼GMOの公式HP▼

 

Wi-fiルーター無料レンタル

ドコモ光提携プロバイダの中で、ルーターの無料レンタルを実施しているのは4社。4社が提供しているルーターの最大転送速度を比べてみると下記のようになります。

ISP事業者最大転送速度
GMOとくとくBB1300+450Mbps
ANDLINE867+300Mbps
DTI867+300Mbps
IC-NET300Mbps
※IC-netは上記ルーターとは別にv6プラス対応ルーターを貸し出ししていますが月額料金が300円かかります。

 

尚、IC-netが提供するルーターのスペックに関しては留意事項があります。それは、上述したv6プラスにルーターが対応していない事です。v6プラスを利用する為にはプロバイダの対応は勿論の事、用意する機器自体も対応している必要があるんです。(DTIはv6プラス非対応)

よって、v6プラスを利用できる3社の中では「GMOとくとくBB」・「ANDLINE」が対応したルーターを提供しています。その中でも「GMOとくとくBB」は、最大転送速度1300+450MbpsというANDLINEを圧倒するスペックとなっています。

 

 

高性能Wi-Fiルーター

型番WXR-1750DHP2
規格IEEE802.11ac/a/n/g/b
データ転送速度最大1300+450Mbps
接続推奨台数18台
推奨環境4LDK又は、3階建て

 

このルーター実際、かなりハイスペックです。定価は、14,300円(税抜)ですこのルーターが、無料で利用できるんですから、自分でルーターを用意するなんて正直、考えられないですね・・・簡単ではありますが、ルーターの機能と特徴をまとめてみました。

機能特徴
3つのアンテナ3本のアンテナがあり、向きを変更する事で電波を飛ばす方向を自由自在に変えられます。電波が届きにくい部屋の通信速度改善に重宝できる機能です。
ハンドステアリング電波干渉は、近隣の利用状況だけでなく家庭内でも起こりえます。その要因と言えるのが、コードレス電話機や電子レンジ等の電化製品です。
しかしながら、この機能により、混雑していない無線の帯域に自動で切替てくれる為、安定した通信が可能になります。
ビームフォーミングEXWi-fiルーターは通常、届く範囲で均等に電波を発し続けます。言うなれば、電波を必要としていない場所へも電波を送り続けているんです。
しかしながら、この機能により、特定の端末に集中して電波を送る事ができる為、電波の無駄遣いを防ぎ尚且つ、安定した通信が可能になります。

 

ルーターの補償

自然故障・経年劣化に関しては、無料で取り換え可能なようです。尚、過失による故障の場合は、修理代10,000円(税抜き)必要になります。

▼GMOの公式HP▼

 

圧倒的なメールアドレス数

最大15個まで且つ、全て無料で利用可能です。この数はドコモ光提携プロバイダの中で1番の数字です。プライベートだけでなくビジネスでも幅広く利用ができますね。

プロバイダ
(関連記事)
提供メールアドレス数
(無料・実質無料含む)
GMOとくとくBB15
IC-NET15
DTI10
楽天ブロードバンド10
SIS9
ぷらら7
BIGLOBE5
@nifty5
※2018年2月時点(順次更新中)のデータです。
※BIGLOBEは家族会員サービス(月額0円)への加入で最大5つのメールアドレスを利用できます。

 

 

無料セキュリティソフトの魅力

下記セキュリティソフトを12ヵ月間無料で利用できます。

マカフィー マルチアクセス
月額料金500円(税抜)
1ライセンス3台
対象OSWindows、Mac、Android、iOS

 

GMOとくとくBBより無料期間の長いプロバイダはありますが、GMOの魅力は対象OSの種類にあります。ご覧の通り、Windows・AndroidだけでなくMacやiOSにも対応しています。この点は重要なプロバイダ選定要素になると思います。

 

唯一のデメリットが改善

出張サポートが無料

GMOとくとくBBは、2018年1月23日より初回の出張サポートが無料で利用できるようになりました。これにより、唯一のデメリットが改善されたことになります。

無料のサポート範囲は、下記表のインターネット接続設定(7,400円)が対象となり、別パックや別メニューを希望する場合は利用料金から最大7,400円分が割引きされることになります。

パック
(料金)
サポート範囲
インターネット接続設定
(7,400円)
・有線インターネット接続設定
・メール設定(1アカウント)
・通信機器の設定(ルーター/モデムなど)
無線LANインターネット接続設定
(8,600円)
・有線インターネット接続設定
・メール設定(1アカウント)
・通信機器の設定(ルーター/モデムなど)
・無線セキュリティ設定
トラブル診断
(9,000円)
・OSリカバリ
・アップグレード
・データ移行等
※その他のメニューはコチラ

 

尚、出張サポートが不要の場合は、ドコモ光が提供する遠隔や電話での設定サポートを初回31日間は無料(月額500円)で利用できますし、後から訪問設定を希望する場合もGMOとくとくBBのドコモ光HPからの申し込みであれば、1年間は無料で利用できます。

 

■関連記事

 

GMOを推奨できる理由まとめ

プロバイダGMOとくとくBBのメリット・デメリットについてまとめてみました。

メリットデメリット
・最大2万円分のdポイント獲得
・今だけ工事費が無料
・GMOのHPから申込で最大15,500円還元
・手続き時間が大幅に短縮
・「v6プラス」で他社とは速度を完全に差別化
・更に、速度が遅ければ100円分のポイント還元
・「v6プラス」対応のハイスペックルーターを無料レンタル可
・無料利用可のメールアドレスが圧倒的に多い
・セキュリティが12ヵ月間無料で対象OSも豊富
設定サポートサービスが無い
⇒2018年1月23日より初回の出張サポートが無料利用可

 

GMOは、通信速度にかなり、重点をおいたプロバイダです。

「v6プラス」を採用した実際の通信速度は勿論のこと、その技術に対応したハイスペックルーターの無料レンタルを実施。更には、通信速度が遅ければ100円分のポイント還元を実施しているところは、自信のあらわれと言えます。正にヘビーユーザーにはもってこいのプロバイダだと思います。

又、調べていて、他の提携プロバイダよりもドコモ光に対する熱意が強いと感じました。

ドコモ光提携プロバイダの大半は、自社コラボを独自で提供している事業者です。そうなれば、やはりプロバイダのみの提供より、自社コラボに加入してもらった方が、利益は格段に大きくなります。

一方で「GMOとくとくBB」は、自社コラボを提供していない為、他社よりドコモ光加入者に対するサービスの質が良くなるのは当然といえるでしょう。よって上記に挙げたような、他社を圧倒する付加サービスの提供ができると思います。

プロバイダ選びに迷われているのなら「GMOとくとくBB」を私は、お薦めします。

▼GMOの公式HP▼

おすすめ記事

▼ドコモ光ユーザーなら必須のカード▼

 

▼ドコモ光の手続き総合ページ▼

 

スポンサーリンク

-ドコモ光, プロバイダ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

フレッツ光からドコモ光への転用まとめ!設定や工事は必要?乗換時の違約金や手数料まで徹底解説!

フレッツ光からドコモ光への転用についてまとめてみました。 この記事では、そもそも転用?光コラボレーションて何?という疑問からドコモ光のメリットや転用時の工事や設定、申し込み方法までを徹底解説しています …

ドコモ光でOCNをプロバイダにするメリット・デメリット!速度の評判・口コミとIPv6への対応は?

ISP業界最大手の「OCN」。 プロバイダを決める際に1度は検討するISP事業者だと思いますがドコモ光ではタイプBに該当する為、月額料金がタイプA(Plalaやbiglobe等)に比べて200円高くな …

ドコモ光×ひかりTV!料金や番組・テレビオプションと比べたメリットは?複数台視聴の注意点も!

ひかりTVとは、光回線を使用して地上デジタル放送や専門チャンネル等、50ch以上が視聴できるNTTぷららが提供するサービスです。ひかりTVはアンテナや工事も不要で利用でき尚且つ全チャンネルがHD画質対 …

ドコモ光テレビオプションはスカパー契約で工事料金や初期費用がお得!提供エリアや番組は?

2015年2月より開始されたドコモ光。 2016年4月よりインターネットの後を追い「ドコモ光テレビオプション」が開始されました。 この記事では、ドコモ光テレビオプションとは?ということから、工事費や手 …

ドコモ光でhi-ho(ハイホー)をプロバイダにするメリット・デメリットまとめ!

ドコモ光タイプAプロバイダ「hi-ho」。 タイプBに比べて月額料金が200円安くなります。 今回は、「hi-ho」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめてみました。 &n …

ドコモ光のプロバイダ!楽天ブロードバンドの評判は?通信速度とメリット・デメリットまとめ!

ドコモ光のプロバイダ「楽天ブロードバンド」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。 今回は「楽天ブロードバンド」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスに …

ドコモ光の工事日と工事費が不明!連絡が来ない為、問い合わせした結果・・・

2015年3月よりサービスを開始したドコモ光。同年12月時点で、100万契約を突破しました。一見、順調そうに見えるも、ネット上では、「工事日は?工事料金は?問合せ先はどこ?」という声が数多く寄せらられ …

ドコモ光電話まとめ!工事費や番号引き継ぎ・他社からの移行は可能?料金請求はどこから?

2015年2月に始まったドコモ光。 当初は固定電話サービスを提供していませんでしたが、2016年4月よりインターネットの後を追い「ドコモ光電話」が開始されました。 この記事では、ドコモ光電話とは何か? …

フレッツ光やドコモ光の大手プロバイダは評判通り?嫌がらせのような電話対応の一部始終を公開!

私はサービスを受ける前や紹介記事を書く際、必ず下調べとして窓口に問い合わせを行います。 そうする事で思わぬ情報を教えてもらえることがあるから・・・ もちろん細かいことを聞いて、手を煩わせることもあるの …

ドコモ光のネットトータルサポート(旧リモートサポート)は必要?解約方法や電話番号は?

2017年5月よりドコモ光のリモートサポートが「ネットトータルサポート」と名称を変更しました。 今回は、その概要や解約時の手続きについてまとめてみました。   スポンサーリンク

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。営業経験も長い為、情報を聞き出す事・調べる事には自信を持ってます。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。