暗号通貨

ビットポートフォリオ(BITPORTFOLIO)!セミナーでビットコインへの投資を検討してみた!

投稿日:2017年1月21日 更新日:

金融庁が通貨として認めた事や三菱東京UFJ銀行の発行が決定した仮想(暗号)通貨。今後の決済方法として、日本でもどんどん広がっていく事でしょう。

そして現在は、その仮想通貨の代表格ともいえるビットコイン。投資という形でビットコインに触れられている方も多いですね。そんな中、2016年11月に発足した「ビットポートフォリオ」。

ビットコイン等での投資方法で注目を集めています。私自身も投資をしようかと検討してみたので実際にセミナーに参加してみました。この情報は、セミナーにて聞いた話を元に公開しています。

あくまでも投資を行う際は、最大限の注意を払い自己判断でお願いします。

スポンサーリンク

ビットポートフォリオ

投資会社の選定から登録代行を行ってくれる会社です。説明を受けていて一番に印象を受けた言葉(恐らく何度も連発された言葉)は、「投資先が月に1度倒産しても利益が出る」でした。

HPはコチラ

 

ビットポートフォリオの運用方法

簡単ですが、ビットポートフォリオが推奨する投資方法をまとめると下記のようになります。

①5社へ均等に投資

ビットポートフォリオで選定した投資会社5社へ均等に投資を行います。例えば、100万円の資金であれば20万円ずつ投資会社へ投資します。

 

②利益分を更に5社へ均等に投資

資金が200%になった時点で新たに別のアカウントを作成し、①と同様に投資を行います。②を行うか否かは自己判断です。

 

③更に均等投資

後は、同様に②を繰り返していきます。

 

ビットポートフォリオのメリット

5社をピックアップ

ビットコインを取り扱える会社4000社以上の会社の中から信頼のおける5社をピックアップしてくれると共に、毎日1000社以上の会社を監視し、破産や新たな投資の可能性を見極めているようです。

 

破産しそうになったら・・・

ビットポートフォリオが現在投資中の会社に破産の可能性有と判断した場合には、撤退するよう指示を出してくれているようです。

 

破産しても・・・

5社中1社が毎月破産すると見込んだうえでの投資を行い、それでも利益が上がるように計算されているようです。

 

月に1社潰れても利益は出るの?

実際にセミナーで聞き尚且つ、投資会社からの入金画面も確認させて頂きました。正直ビックリするような金額が入金されていました・・・

前述したように、投資先が月に1社倒産しても利益を出せる事が前提とのこと。では実際に、ビットポートフォリオのHPに記載がある投資会社で利益を単純計算してみたところ、

 

 

1番利益率の高い「SUNRISEBTC」が破産しても0.18%の利益が出る計算になります。

唯、私の聞き間違いかもしれませんが、2社、3社潰れても利益が出る計算と言われていたような気が・・・

月に2社潰れたら利益は出ない可能性もありますからね。そこが若干引っかかった部分ではあります。

 

リスク管理

HYIP(ハイプ)への投資って実際リスクはかなり大きいです。1ヵ月どころか1時間で倒産する会社もありますし、最初から詐欺目的の悪質な会社だってあります。会社が潰れたらその時点で投資金額は全て無くなってしまいますからね。

私のような素人が自分で判断し自己資金を委ねる事なんて到底できません。よって、ビットポートフォリオのように、プロが投資会社を判断してくれる事はとてもありがたい事だとは思います。

又、ビットポートフォリオにはメガバンクでシニアマネージャーをしていた方も在籍しており、投資会社の選定にも従事されるようです。金融の専門家がいるという事は素人目からは安心感を覚えました。

 

■参考記事

暗号通貨(ビットコイン)の普及率が日本と海外で違う理由!今後、避けては通れない?

 

まとめ

セミナーで話を聞いていてとても楽しい時間を過ごしましたし、ワクワクもしました。そして確かに計算上、月に1度投資先が倒産しても利益が出るというのはとても魅力的にも感じます。

しかしながら、私はやらない事を決めました。記憶違いかもしれませんが、やっぱり話に矛盾を感じる部分があった事(ボイスレコーダーを持っていけばよかったと心から思いました。)です。

当然、会社の利益を上げる為にメリットを前面に打ち出すのは、当然の事だとは思いますが、何十万円単位の投資となると、勘違いしたまま先には勧めませんし、一度怪しいと思ったらこれ以上調べるのはやめようと思いました。

又、ネット上の情報ではありますが、ID・PWをビットポートフォリオ側が管理するとの事。セミナーの時にそんな話はなかったのですが・・・

 

■免責事項

当サイトで調べた情報は、内容の正確性や安全性において保証をするものではありません。紹介している内容で被ったいかなる損害におきましても、一切の責任は負いかねますので、予めご了承のほどよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

-暗号通貨


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

暗号通貨(ビットコイン)!ブロックチェーンのセキュリティが万全な理由はマイニングや半減期?

ビットコインを支えるブロックチェーン技術。そのセキュリティが優れていると言われる理由は一体何なのでしょうか?答えは中本哲史(ナカモトサトシ)さんの論文の中にありました。技術面だけでなく、悪者の心理まで …

今更ながら初めてビットコインをGMOコインで1,000円分購入!初心者は口座開設だけでもすべき?

2017年から盛り上がりを見せる仮想通貨市場。 実は、ちょうど1年程前に仮想通貨に興味を持ち、一度セミナーまで出席したことがあります。そのセミナー自体は怪しかったのですが、ビットコイン単体では興味があ …

暗号通貨(ビットコイン)で利用するブロックチェーンの仕組みとは?概要だけでも知っておくべき?

第4次産業革命の「核」ともいわれる暗号通貨。 その根幹を支えるブロックチェーン。革新的な技術といわれるけど一体なんなの?と思われる方も多いと思います。ということで、今回はブロックチェーンの仕組みについ …

ビットコインを購入する為に最適な方法は?相場は高いけど無料で入手する方法はあるの?

ビットコインを利用する上で最大のメリットは海外送金の手数料と時間が大幅に短縮される事です。 2017年2月現在、日本でビットコインを利用できる店舗数は通信販売・実店舗合わせて100店舗ほど。又、日本円 …

仮想通貨の普及にSTOP?コインチェックでXEM(ネム)が不正流出!マウントゴックスの二の舞に?

2017年から浸透し出して、今やテレビで見ない日は無い仮想通貨取引所のCM。 しかしながら、2018年1月26日にコインチェックという仮想通貨の取引所で5億2300万XEM(580億円相当)のネムとい …

暗号通貨(仮想通貨)の取引所「J-Bits」が3月で利用停止!またビットコインは批判の対象に?

ビットコイン取引所の「J-Bits」。2016年6月からサービスを開始しましたが2017年3月をもって暗号通貨(仮想通貨)市場からの撤退を表明しました。東証二部上場をしている「Jトラスト株式会社」が1 …

暗号通貨(ビットコイン)の保管方法でお薦めはハードウォレット(TREZOR)?

ビットコイン(仮想通貨)を利用する際、大切なのは保管方法です。 取引は必ず取引所を介して行います。頻繁に取引をする方は、資金移動も面倒になるので「預けっぱなし」という方も多いのではないでしょうか?しか …

暗号通貨(仮想通貨)の大半は詐欺?投資をする際に考えなければならない事!

日本で仮想通貨の利用用途はほぼ「売る or 買う」のどちらかに限られてくるのが現状です。 そう考えると「投資」という選択肢になってくるのですが、仕組みも理解できていないのに投資するのはとても危険です。 …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。営業経験も長い為、情報を聞き出す事・調べる事には自信を持ってます。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。