暗号通貨

暗号通貨(ビットコイン)!ブロックチェーンのセキュリティが万全な理由はマイニングや半減期?

投稿日:

ビットコインを支えるブロックチェーン技術。そのセキュリティが優れていると言われる理由は一体何なのでしょうか?答えは中本哲史(ナカモトサトシ)さんの論文の中にありました。技術面だけでなく、悪者の心理まで考え尽くされたセキュリティ。正に、21世紀最大の革命だと思います。

スポンサーリンク

マイニングとは?

ブロックチェーンというシステムはマイニング(発掘)によって成り立っています。マイニングには「POW(プルーフオブワーク)」と「POS(プルーフオブステーク)」の2種類があり、ビットコインはPOWが採用されています。POWとはコンピューターを利用して演算処理(ランダムに割り当てられた英数字をあてていく事)を実施し、その処理が一番早かった人に対して報酬の権利が与えられます。

また完了次第ブロックは生成され、前後のブロックは一部の取引データを共有し合いながら生成されていきます。尚、1つのブロックは約10分程で生成されると言われています。

気になる報酬額ですが、2017年1月の時点では12.5ビットコインです。挑戦したいと思われる方もいるとは思いますが、完全にコンピューターの性能によってのみ報酬を得られるか否かは決まってきます。企業がこぞってスーパーコンピューターを使いマイニングを実施している為、個人レベルでの報酬獲得はまず不可能といえるでしょう。

 

セキュリティが優れている理由

生成されるブロックは前後のブロックと一部の情報を共有しながら繋がっています。そしてブロックごとの情報に相違があればそれは不正と見なされ承認されません。よって情報の改ざんを実施するのであれば、現在ある全てのブロックの取引情報を変更しなければなりません。

また改ざんの場合にも、マイニングと同等の処理が必要となります。マイニングは企業のスーパーコンピューターでのみ可能という話をしました。尚且つブロックは10分ごとに生成され続けてきます。つまり、データ改ざんを行うためには、10分より早い時間で過去の全てのブロックに蓄積されているデータの変更を完了しなければいけません。現実的に考えれば、改ざんは不可能と言っても過言ではないでしょう。

しかしながらここで疑問が浮かびます。ブロック数の少ない初期段階であれば改ざんは可能なのではないか?

 

考え尽くされたブロックチェーン

マイニングの報酬には半減期というものがあります。ビットコイン発足当初は、1つのブロック生成により50ビットコインの報酬が得られましたが、2017年1月現在は12.5ビットコインまで引き下げられています。半減期はおおよそ4年に1度ほど訪れ、次回の半減期は2020年頃と言われています。

ではなぜ半減期というものが存在するのでしょう?答えは簡単。データの改ざんを防止する為です。

データの改ざんを目論む人の大半はお金が目的です。初期段階では当然、ブロックの数が少なく物理的に考えても現在と比べれば容易に改ざんを行う事ができるでしょう。しかしながら、マイニングによる初期段階の報酬を高める事で、不正ではなく正当な報酬を得るように仕向けているわけです。中には目的がお金ではない悪者もいると思います。しかし、そういう一部の人よりもお金を目的とする人の割合が多いのは明白ですし、わざわざ莫大な費用とリスクを冒してまで不正を行おうとする人の根本的な心理を「半減期」を設ける事で除外しているわけです。

 

まとめ

以上、ブロックチェーンのセキュリティについてまとめてみました。

「マイニングに必要な程のスーパーコンピューターを持っているのなら、報酬の少ないデータの改ざんではなくビットコインを報酬として受け取る事を選ぶはず。」後から聞けばそりゃそうだと思いますが、そんな風な考えに至らせるような仕組みを思いついた事。そしてそれを作り出した事。正に凄いの一言だと思います。

スポンサーリンク

-暗号通貨


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

暗号通貨(仮想通貨)の取引所「J-Bits」が3月で利用停止!またビットコインは批判の対象に?

ビットコイン取引所の「J-Bits」。2016年6月からサービスを開始しましたが2017年3月をもって暗号通貨(仮想通貨)市場からの撤退を表明しました。東証二部上場をしている「Jトラスト株式会社」が1 …

暗号通貨(仮想通貨)の大半は詐欺?投資をする際に考えなければならない事!

日本で仮想通貨の利用用途はほぼ「売る or 買う」のどちらかに限られてくるのが現状です。 そう考えると「投資」という選択肢になってくるのですが、仕組みも理解できていないのに投資するのはとても危険です。 …

今更ながら初めてビットコインをGMOコインで1,000円分購入!初心者は口座開設だけでもすべき?

2017年から盛り上がりを見せる仮想通貨市場。 実は、ちょうど1年程前に仮想通貨に興味を持ち、一度セミナーまで出席したことがあります。そのセミナー自体は怪しかったのですが、ビットコイン単体では興味があ …

ビットコインを購入する為に最適な方法は?相場は高いけど無料で入手する方法はあるの?

ビットコインを利用する上で最大のメリットは海外送金の手数料と時間が大幅に短縮される事です。 2017年2月現在、日本でビットコインを利用できる店舗数は通信販売・実店舗合わせて100店舗ほど。又、日本円 …

ビットポートフォリオ(BITPORTFOLIO)!セミナーでビットコインへの投資を検討してみた!

金融庁が通貨として認めた事や三菱東京UFJ銀行の発行が決定した仮想(暗号)通貨。今後の決済方法として、日本でもどんどん広がっていく事でしょう。 そして現在は、その仮想通貨の代表格ともいえるビットコイン …

暗号通貨(ビットコイン)で利用するブロックチェーンの仕組みとは?概要だけでも知っておくべき?

第4次産業革命の「核」ともいわれる暗号通貨。 その根幹を支えるブロックチェーン。革新的な技術といわれるけど一体なんなの?と思われる方も多いと思います。ということで、今回はブロックチェーンの仕組みについ …

仮想通貨の普及にSTOP?コインチェックでXEM(ネム)が不正流出!マウントゴックスの二の舞に?

2017年から浸透し出して、今やテレビで見ない日は無い仮想通貨取引所のCM。 しかしながら、2018年1月26日にコインチェックという仮想通貨の取引所で5億2300万XEM(580億円相当)のネムとい …

暗号通貨(ビットコイン)の保管方法でお薦めはハードウォレット(TREZOR)?

ビットコイン(仮想通貨)を利用する際、大切なのは保管方法です。 取引は必ず取引所を介して行います。頻繁に取引をする方は、資金移動も面倒になるので「預けっぱなし」という方も多いのではないでしょうか?しか …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。営業経験も長い為、情報を聞き出す事・調べる事には自信を持ってます。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。