Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドコモ光 プロバイダ

ドコモ光で「01光コアラ」をプロバイダにするメリット・デメリットまとめ!

投稿日:2017年2月24日 更新日:

ドコモ光のタイプAプロバイダ「01光(ゼロワン)コアラ」。九州に拠点を置くISP事業者です。

月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。

今回は「01光コアラ」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめてみました。

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です
※料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。



通信速度

当ブログが算定基準にしている「価格.com」では評価がありません。また、「Radishみんなの測定結果」ではデータ件数が少なすぎる為、評価対象外としています。

 

IPv6対応状況

IPv6接続とは次世代の通信技術。

IPv6接続に対応していれば通信速度が改善される場合があります。但し、大幅な速度改善が見込めるのは下記表③のIPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)だけです。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
@TCOM
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
DTI
※対応ISPは2018年8月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。
※BB exciteは、ドコモ光ではなくexcite MEC光利用時のみ「IPv4 over IPv6」に対応済です。

 

「01光コアラ」は2018年5月現在、上記表①のIPv6 PPPoEへの対応しかしていないため、通信速度の改善は見込めない状態です。

尚、下記参考記事では、IPv6接続とは何か?v6プラスはなぜ速くなるのか?ということから対応しているISP事業者まで徹底解説しています。

 

■参考記事

 

オプションサービス

メールアドレス

メールアドレスは標準で1つ利用できます。追加を希望の場合は初期費用が1,000円(税抜)。そして1つにつき月額200円(税抜)かかります。尚、追加のメールアドレス費用はドコモからでなく、プロバイダからの請求になりますのでご注意を!

ちなみに下記は提供メールアドレス数の多いプロバイダの一覧表です。

プロバイダ
(関連記事)
提供メールアドレス数
(無料・実質無料含む)
GMOとくとくBB15
IC-NET15
DTI10
楽天ブロードバンド10
SIS9
ぷらら7
BIGLOBE5
@nifty5
※2018年8月時点(順次更新中)のデータです。
※BIGLOBEは家族会員サービス(月額0円)への加入で最大5つのメールアドレスを利用できます。

 

セキュリティ

セキュリティソフトを提供していません。ご自身での用意が必要になります。

尚、下記はセキュリティソフトを提供していて尚且つ、無料期間を設けているプロバイダです。

ISP事業者無料期間
(月額料金)
台数対応OS
タイガースネット.コム永年無料5台Windows、Mac、Android
SIS永年無料1台Windows、Mac
BB.excite36ヵ月間無料
(334円+税)
3台Windows、Mac
ぷらら24ヵ月無料
(税込399円)
3台Windows、Mac、iOS、Android
So-net24ヵ月無料
(税込540円)
5台Windows、Mac、Android
IC-net24ヵ月無料
(税込432円)
4台Windows、Android
GMOとくとくBB12ヵ月無料
(税込540円)
3台Windows、Mac、Android、iOS
BIGLOBE12ヵ月無料
(税込540円)
3台Windows、Mac、Android、iOS
DTI12ヵ月無料
(税込540円)
3台Windows、Mac、Android、iOS
ANDLINE12ヵ月無料
(税込540円)
3台Windows、Mac、Android、iOS
OCN12ヵ月無料
(税込270円)
1台Windows、Mac、Android、iOS
ドコモnet12ヵ月無料
(継続不可)
1台Windows
@nifty12ヵ月無料
(税込540円)
3台Windows、Mac、Android
SYNAPSE12ヵ月無料
(税抜480円)
3台Windows、Mac、Android、iOS
楽天ブロードバンド12ヵ月無料
(税込350円)
3台Windows、Mac、Android
hi-ho12ヵ月無料
(税込540円)
3台Windows、Mac、Android、iOS
@TCOM6ヵ月無料
(税込432円)
6台Windows、Mac、Android、iOS
TNC6ヵ月無料
(税込432円)
6台Windows、Mac、Android、iOS
※2018年8月時点(順次更新中)のデータです。
※OCNに無料期間が適用されるのは1ライセンス契約の場合のみです。又、1ライセンスの追加契約の場合は対象外となります。
※ドコモnetは無料期間終了後、自動解約となります。

 

 

設定サポート

電話サポート

基本的に設定サポートは設けておりませんが、平日の9時~18時までに電話連絡をすれば簡易的なルーターやインターネット接続の初期設定は対応して頂けるとのこと。電話は比較的、繋がりやすいので魅力的だと思います。

但し、フリーダイヤルを設けていない為、カケホーダイに加入されていない方は通話料金が必要になります。

 

訪問サポート

福岡市内限定で対応してもらえます。その際、基本訪問料金が5,000円(税抜)と設定代金が必要になります。

細かい内訳は開示していませんので必要な場合は「01光コアラ」へ連絡をしましょう。

 

■参考記事

 

解約時の手続き

ドコモ光解約時はプロバイダも同時解約となる場合が多いです。しかしながら「01光コアラ」は別途、手続きが必要になります。

ドコモ光解約時に「01光コアラ」から契約継続の意向確認がありますので必ず、電話に出るようにしましょう。電話で解約の意思表示をしたら退会申請書が送られてきます。

申請書は解約月の20日までに「01光コアラ」へ到着するよう送付しなければ、メールアドレスのみ利用できるプラン(月額950円)に自動移行となり不必要な料金を支払わなければなりません。

 

01光コアラのメリット・デメリット

01光コアラを利用するメリット・デメリットは下記点が挙げられます。

メリットデメリット
・電話がつながりやすい・解約時、有料プランへ自動移行
・セキュリティソフトが無い

 

「01光コアラ」は解約時に必ずプロバイダ側でも手続きを行わなければ別途、月額料金が発生してくるので注意が必要です。又、セキュリティソフト未提供な点や本格的な設定サポートを設けていない点はデメリットになります。

その反面、電話が繋がりやすいというメリットはあります。何かあった際には、メール対応よりも電話対応の方が安心できますし、実際に親切な対応をして頂けたと思います。

九州にお住まいでサポート面を重視される方、「01光コアラ」を検討してみるのもいいかもしれません。

 

▼プロバイダ選びに悩まれたら・・・▼

 

また、ドコモ光ユーザーと相性の良いdカード GOLDというクレジットカードがあります。主なメリットは以下のようになります。

  • docomoの料金対して10%のポイントの還元率
  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

ドコモ光ユーザーがdカード GOLDを持つべき理由を徹底解説

更に、2018年7月1日以降の申し込みで、最大13,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードです。

入会特典詳細

 

▼Web申込のメリットとお得な入会キャンペーン▼

 

▼ドコモ光ユーザーなら必須のカード▼

 

▼ドコモ光の手続き総合ページ▼

 

スポンサーリンク

-ドコモ光, プロバイダ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ドコモ光でGMOとくとくBBをプロバイダに!遅い通信速度はv6プラスとレンタルルーターで大幅に改善!

ドコモ光の提携プロバイダ「GMOとくとくBB」を選ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。 インターネットを利用する際、気になるのは通信速度が遅い事。GMOとくとくBBは、その通信速度を上げる …

ドコモ光でWi-Fiが無料?無線LANカードとルーターのレンタルはどっちがお薦め?

ドコモ光で無線環境(Wi-Fi)を作るには3つの方法があります。 無線LANカードレンタル ルーターを購入 プロバイダからルーターを無料レンタル そして、お薦めは3番目のプロバイダからルーターをレンタ …

ドコモ光でhi-hoをプロバイダにするメリット・デメリット!ルーターが無料ってホント?

ドコモ光タイプAプロバイダ「hi-ho」。 タイプBに比べて月額料金が200円安くなります。  戸建てマンション タイプA5,200円 (6,700円)4,000円 (5,000円) タイプ …

ドコモ光のプロバイダ!@ネスクのメリット・デメリットまとめ! 地域密着型の強みは?

ドコモ光のタイプAプロバイダ「@ネスク」。石川県金沢市に拠点があり、プロバイダ事業だけでなくスマートフォンやレンタルサーバー等、IT事業に特化したソリューション会社です。 月額料金はタイプBのプロバイ …

ドコモ光のプロバイダ変更!通信速度が遅い原因はISP事業者?違約金や手数料・再設定は必要?

ドコモ光を利用しているが、、、 通信速度が遅い サポートに不満がある そんな時に考えるのはプロバイダの変更ですよね。 プロバイダを変更すれば速度は勿論、ISP事業者ごとにサポートが異なるので不満を解消 …

フレッツ光からドコモ光への転用まとめ!設定や工事は必要?乗換時の違約金や手数料まで徹底解説!

フレッツ光からドコモ光への転用についてまとめてみました。 この記事では、そもそも転用?光コラボレーションて何?という疑問からドコモ光のメリットや転用時の工事や設定、申し込み方法までを徹底解説しています …

ドコモ光でSIS(スピーディア)をプロバイダにするメリット・デメリットまとめ!

ドコモ光のプロバイダ「SIS(スピーディアインターネットサービス)」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。 今回は「SIS」の通信速度やメリット・デメリット、オプシ …

ドコモ光の引っ越し!新築・エリア外への移転手続きや違約金・工事内容と費用まで徹底解説!

ドコモ光を契約中に引っ越しする場合は注意が必要です。 理由は、インターネットの移転にはもの凄く時間がかかる場合があるから。特に、新築の建物へ移転する際は、引っ越し後は暫くインターネットが使えなくなる可 …

ドコモ光のプロバイダ!タイガースネット(Tigers-net.com)のメリット・デメリットまとめ!

ドコモ光のタイプAプロバイダの「Tigers-net.com」。お察しの通り、阪神タイガース公認のISP事業者。 月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。今回は「Tigers-ne …

ドコモ光のプロバイダ「SYNAPSE(シナプス)」の評判は?特徴とオプションサービスまとめ!

ドコモ光タイプAプロバイダの「SYNAPSE(シナプス)」。鹿児島に拠点を置くISP事業者です。タイプAという事でタイプBに比べて月額料金が200円安くなります。 この記事では、SYNAPSEの通信速 …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。記事を書く際は、直接企業に問い合わせを行う為、オリジナル性は高いと自負しています。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。