ドコモ光のプロバイダ「U-Pa!(U-NEXT)」が2018年5月22日で申込受付終了!手続きはお早めに!

ドコモ光

U-Pa! for ドコモ光サービスは2018年5月22日で新規及びプロバイダ変更受付が終了。2019年3月31日でサービスも終了します。

現在、プロバイダをU-Pa!にされている方は、プロバイダ変更手数料(税抜3,000円)のかからない2018年5月23日以降に手続きを行いましょう。

ドコモ光のプロバイダ変更!通信速度が遅い原因はISP事業者?違約金や手数料・再設定は必要?
ドコモ光を利用しているが、、、 通信速度が遅い サポートに不満がある そんな時に考えるのはプロバイダの変更ですよね。 プロバイダを変更すれば速度は勿論、ISP事業者ごとにサポートが異なるので不満を解消でき...

 

2019年3月31日までに手続きをしなければ単独タイプという月額料金の高くなる料金形態に自動移行されます。(以下の単独タイプの料金に別途、プロバイダ料金が加算されます。)

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です
※料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。

 

また、プロバイダ選びに迷われている方は以下の記事を参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダでおすすめは4社!理由と選び方をランキング形式で徹底解説!
この記事は、提携プロバイダ全社に電話連絡のうえ3ヵ月に1度更新しています。 ドコモ光の提携プロバイダは26社(現在、申し込みができるのは25社)もあり、選択に迷われる方も多いと思います。結果、大手だからという理由だけで契約してしまう方...

 

尚、2019年3月31日までサービス自体は継続される為、この記事では「U-Pa」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめています。

スポンサーリンク

通信速度

 5段階評価下りの平均速度
2017年5月評価無評価無
2017年8月評価無評価無
2017年11月1.33
(10位/12位中)
評価無
2018年2月3.27
(1位/12位中)
評価無
2018年5月評価無評価無
※5段階評価は、価格.comの口コミを参考にしています。
※下りの平均速度は、Radishみんなの測定結果を参考にしています。

 

価格.comの評価で数値的には上がっていますが、内容を確認すると、可も不可もなくという評価が多く「速い」というよりは「遅くない」という意見のようです。

ただやはり今後のことを考えると、速度重視なら後述する「IPv4 over IPv6」に対応したプロバイダの選択をお薦めします。

 

IPv6対応状況

IPv6接続とは次世代の通信技術。

IPv6接続に対応していれば通信速度が改善される場合があります。但し、大幅な速度改善が見込めるのは下記表③のIPv4 over IPv6。通称v6プラスだけです。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
DTI
@TCOM
※対応ISPは2018年11月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。
※BB exciteは、ドコモ光ではなくexcite MEC光利用時のみ「IPv4 over IPv6」に対応済です。

 

「U-Pa」は2018年5月現在、上記表①のIPv6接続に非対応の為、通信速度の改善は見込めない状態です。

尚、下記参考記事では、IPv6接続とは何か?v6プラスはなぜ速くなるのか?ということから対応しているISP事業者まで徹底解説しています。

 

■参考記事

ドコモ光でv6プラス・transix(DS-Lite)等 IPv6に対応した13社のプロバイダを速度・料金で徹底比較!
ドコモ光契約時に一番重要なのはプロバイダ選びです。 理由はプロバイダにより回線速度や月額料金、オプションサービスの有無が変わってくるから。 そして、もう一つプロバイダ選びの重要な指標としてIPv6接続への対応有無...

 

オプションサービス

U-Pa! for ドコモ光では様々なオプションサービスを提供しています。

それぞれ月額料金はかかりますが、初月無料・最低利用期間無で利用が可能です。但し、解約月の料金は日割りにならず、満額の月額料金が発生します。

尚、価格は全て税抜きです。

 

メールアドレス

標準で付与されるメールアドレスは1つのみです。複数個のメールアドレスを希望する場合には1つにつき月額150円が発生します。

 

セキュリティ

下記セキュリティソフト利用できます。登録月は無料なので、初年度は5,500円で利用ができます。

WEBROOTインターネットセキュリティプラス
月額料金500円(税抜)
1ライセンス3台
対象OSWindows、Mac、Android、iOS

 

尚、「WEBROOTインターネットセキュリティプラス」は公式サイトでも割引を実施しており料金は下記のようになります。「U-Pa」で契約するより安くなる場合もありますので一度、検討してみるべきだと思います。

WEBROOTインターネットセキュリティプラス
3デバイス5,400円/年
5デバイス8,400円/年

 

設定サポート

リモート(遠隔)サポートまたは、訪問サポートが初回のみ無料で利用可能です。尚、適用になるのはドコモ光開通日から60日間限りとなるので注意が必要です。

 

スマートレスキュー

スマートレスキューに加入すると、月額980円で月2回までパソコンやインターネットのトラブルをサポートしてもらえます。このサービスの利点は訪問対応です。

登録月は無料で最低利用期間は無い為、相談する機会が継続的にあり尚且つ、対面での対応を希望の方にとっては魅力的なサービスだと思います。

 

■参考記事

ドコモ光のネットトータルサポート(旧リモートサポート)は必要?解約方法や電話番号は?
2017年5月よりドコモ光のリモートサポートが「ネットトータルサポート」と名称を変更しました。 今回は、その概要や解約時の手続きについてまとめてみました。 ネットトータルサポート概要 以前の光リモートサポー...

 

その他のサービス

AOSBOX cool(月額500円)

パソコン内のデータをクラウド上に自動でバックアップしてくれるサービスを12ヵ月間無料で利用できます。

クラウド状に保存されたデータは外出先でスマホやタブレットでも見る事ができます。対象はパソコン本体のHDDのみとなりますが、容量無制限で尚且つ、外付けハードディスクに同時バックアップをしてくれるので、利便性は高いと思います。

但し、大きなデータ通信が必要になるのでバックアップ中、パソコン動作が遅くなる可能性はありますね。

 

ルーターのレンタルが実質無料

ルーターだけのレンタルは行っていませんが、上述した「AOSBOX cool」を契約すると無料レンタルが可能です。但し、解約するとルーターも返却が必要になるので注意が必要です。

ちなみにルーターのスペックは下記のようになります。

型番TL-WR841N
規格IEEE802.11n/g/b
最大転送速度300Mbps
推奨環境1R~2DK又は、戸建て1階のみ
※在庫の状況により別のルーターになる可能性もあります。

 

スペックだけ考えるとあまりお薦めはできません。レンタルを実施しているプロバイダは他にもあるので、ルーターを目的とするなら下記事業者も検討してみてはいかがですか?

ISP事業者料金最大転送速度IPv6
GMOとくとくBB無料1300+450Mbps対応
ぷらら無料867+300Mbps対応
So-net無料867+300Mbps対応
ANDLINE無料867+300Mbps対応
IC-net無料300Mbps×
DTI無料867+300Mbps対応
OCN無料867+300Mbps対応
hi-ho無料867+300Mbps×
BIGLOBE無料867+300Mbps対応
U-Pa
(~2019/3/31)
月額500円(税抜)のASOBOX cool( U)に加入で無料レンタル300Mbps×
@ちゃんぷるネット月額280円(税抜)300Mbps程×
※2018年11月時点(順次更新中)のデータです。
※IC-netが提供しているルーターは「v6プラス」非対応です。
※hi-ho、U-Pa!、@ちゃんぷるネットは「IPv4 over IPv6」非対応です。
※U-Pa!は2019年3月31日でサービスが終了します。

 

端末保証お見舞金サービス(月額500円)

スマホやタブレットが故障した時に最大5万円を保証してくれるサービスです。

ただ、docomo・ドコモ光ユーザーにとって大きなメリットがある「dカード GOLD」を所持しておけば、3年間最大10万円までの補償を受けられるので格段にお得です。年会費は10,800円(税込)かかりますがdocomoの利用代金に対して10%のポイント還元が受けられます。

つまり、携帯電話料金が年間108,000円。月々9,000円以上であれば年会費分は取り戻せる計算になります。ドコモ光の料金はdocomoの携帯電話料金に合算請求されることを考えると「あっという間」ですし、ポイントはドコモの携帯電話料金にも利用できるので用途にも困りません。

また、下記のようなゴールドカードの優待も受けられます。

  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

更に現在は、最大13,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードです。

◆公式サイト⇒dカード GOLD

dカード・dカード GOLDはドコモ光・docomoユーザーにはデメリットなし!違いは何?
dカードはNTT docomoが発行するクレジットカードです。国際ブランドはVISA、MasterCardから選択できdポイント・電子マネー「id」の機能も付帯された利便性抜群のカードです。勿論NTT docomo以外の携帯電話を利用してい

SMART USEN(月額490円)

お店のBGMの定番「音楽放送のUSEN」がスマホで楽しめるサービスです。700以上のチャンネルを月額料金のみで聴けるのはかなり魅力的ですが、外出先で聞く場合はデータ通信量が気になるところではあります。

 

U-NEXTビデオ見放題サービス(月額1,990円)

映画やドラマ等、合計120,000本の動画を楽しめるサービスですが全てが見放題ではありません。

毎月1,000ポイントは付与されますが有料コンテンツの数も多いので、上記月額料金+αの料金が発生する可能性はあります。

ただし、現在は31日間無料で利用できますし最新ドラマの視聴も可能です。また、無料期間中に解約しても再度、31日間無料になるキャンペーンメールが届くことがあります。私は現在、2回目の無料期間を利用中です。

最大3回まで31日間の無料特典が受けられるケースもあるようなので無料期間という面では、動画配信サービス随一だと思います。

 

解約時の手続き

ドコモ光解約時はプロバイダ「U-Pa」のオプションサービス含め、全て自動解約となります。プロバイダのみ継続する事ができませんので、解約によりメールアドレスは利用できなくなります。

 

■参考記事

ドコモ光の解約!違約金や工事費・プロバイダは?固定電話はフレッツ光やアナログ回線に戻せるの?
インターネットや電話・テレビ等の通信費が一元化されて便利になった反面、解約するとなると注意事項が増えてしまい身動きがとりづらくなりました。 そして確認を怠ってしまうと思わぬサービスが使えなくなってしまう場合もあり、どこかで自分が不愉快...

 

U-Paのメリット・デメリット

U-Paを利用するメリット・デメリットは下記点が挙げられます。

メリットデメリット
・設定サポートが初回のみ無料で利用可
・実質無料でルーターレンタル
・解約時にメールアドレスを残せない。
・IPv6対応未定

 

ドコモ光解約時にメールアドレスを残せない点はデメリットとして挙げられます。どんなご家庭でもインターネット回線を今後変更しない可能性は「0」ではないと思うので、メインのメールアドレスとして使うのは控えた方がいいかもしれません。

また、U-NEXTといえば、今や映画・ドラマなどの豊富なコンテンツが視聴できる動画配信サービスという印象ですが、プロバイダサービスを利用しても月額料金が単体と変わらず、割引にならないのは残念に感じました。

しかしながら、設定のサポートは遠隔・訪問問わず初回無料の為、ドコモ光が提供する訪問設定と比較すると大きなメリットだと思います。

最後に一番の懸念は、プロバイダ選びで最も重要視される通信速度です。数値的な評価は高いですが、2018年5月時点でIPv6接続への対応が全くもって未定なので、今後のことを考えるとv6プラスに対応した「GMOとくとくBB」等をお薦めします。

 

▼プロバイダ選びに悩まれたら・・・▼
https://www.ureshisa.com/10074.html

 

▼Web申込のメリットとお得な入会キャンペーン▼
https://www.ureshisa.com/6228.html

 

▼ドコモ光ユーザーなら必須のカード▼
https://www.ureshisa.com/4111.html

 

▼ドコモ光の手続き総合ページ▼
https://www.ureshisa.com/1390.html

 

コメント