Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドコモ光 プロバイダ

ドコモ光のプロバイダ ドコモnet!速度の評判はIPv6対応で改善?でもルーターが・・・

投稿日:2017年8月19日 更新日:

ドコモ光の専属プロバイダ「ドコモnet」。

タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です
※料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。

また、「ドコモnet」は2018年7月より「IPv4 over IPv6」への対応を開始したので、通信速度の大幅な向上が見込めます。

ですが、1つ落とし穴が・・・

それは、対応ルーターがドコモ光ルーター01だけということ。ドコモ光ルーター01は決してハイスペックとは言えません。

▼ハイスペックルーターが無料レンタル可のプロバイダ▼


そんなドコモnetの通信速度の評価やメリット・デメリット、オプションサービスについて、この記事ではまとめます。

通信速度の評判・口コミは?

 5段階評価下りの平均速度
2017年8月3.67
(4位/15位中)
評価無
2017年11月評価無評価無
2018年2月評価無評価無
2018年5月評価無評価無
2018年8月評価無評価無
※5段階評価は、価格.comの口コミを参考にしています。
※下りの平均速度は、Radishみんなの測定結果を参考にしています。

 

以前は「価格.com」でも数値での評価はあったのですが、現在は確認できません。ただ、twitterに口コミがあるので掲載させて頂きます。

ドコモnetは、2018年7月より通信速度の大幅な改善が見込める「IPv4 over IPv6」というサービスに対応を開始しました。よって、2017年6月以前と7月以降に評価の差があるのも頷けます。

尚、IPv6接続に関しては後述します。

又、ドコモnetは通信速度改善の為にHP上で随時、「工事・故障情報」を確認できるようになってます。

確認できる情報としては、

  • どこの地域で、何時から何時までインターネットが使用できないか(速度が不安定になる可能性)
  • 地域ごとの設備増設予定
  • 直近1ヵ月の設備増設実施済の地域

「通信速度が遅い」と感じる方にとっては、今後に期待ができる情報だと思いますし、情報開示をしないプロバイダと比べれば、信用度はかなり高くなりますね。

 

transix・OCNバーチャルコネクトで速度改善?

IPv6に対応しているが通信速度は早くなるのか?

答えは「Yes」です。

ドコモnetは、ドコモ光提携プロバイダの中でもIPv6接続により速度向上が見込める事業者の一つです。理由は下記表③のIPv4 over IPv6に対応しているから。

IPv6接続は、大まかに下記3種類に分けられ対応しているプロバイダも異なってきます。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
@TCOM
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
DTI
※対応ISPは2018年8月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。
※BB exciteは、ドコモ光ではなくexcite MEC光利用時のみ「IPv4 over IPv6」に対応済です。

 

IPv6接続方式の中で通信速度の向上が見込めるのは上記表の②と③です。

では違いは何なのか?

それはIPv6接続に対応していないWebサイトでも速度が変わるか否かです。

②はIPv6接続に対応しているWebサイト以外で速度は改善されません。対する③は対応していないWebサイトでも通信速度の改善が見込めます。2018年8月現在、IPv6接続に対応している一般的なWebサイトはGoogle・Youtube・Facebook・Netflix・WikiPedia位です。

つまりは、

  • ①は速度改善不可
  • ②は対応サイトが少ない為、一部のみ速度改善
  • ③はIPv6非対応のWebサイトでも速度改善

という事になります。

ちなみに、ドコモnetのサービスはGMOや@nifty等が提供している「v6プラス」ではなく「transix」と「V6アルファ(OCNバーチャルコネクト)」の2つを併用したサービスになります。

サービス名称
(接続方式)
VNE事業者提携ISP
v6プラス
(MAP-E)
JPNEGMOとくとくBB
IC-net
@nifty
ANDLINE
SIS
So-net
Tigers-net
DTI
IPv6オプション
(MAP-E)
BIGLOBEBIGLOBE
v6アルファ
(MAP-E)
OCNOCN
ドコモnet
v6エクスプレス
(DS-Lite)
マルチフィードぷらら
(ドコモ光)
transix
(DS-Lite)
マルチフィードぷらら
(ぷらら光)
ドコモnet
BB.excite
(MEC光)
IPv6高速ハイブリッド
IPv6 IPoE+IPv4
(4rd/SAM)
BBIXYahoo! BB
※ドコモnetはv6アルファとtransixを併用してサービスを提供しています。
※Yahoo! BBはドコモ光提携プロバイダではありません。
※ぷららはドコモ光ではv6エクスプレス。ぷらら光ではtransixを提供しています。
※BB exciteがtransixに対応するのはexcite MEC光利用時のみです。

 

尚、下記参考記事では、IPv6接続とは何か?v6プラスはなぜ速くなるのか?ということから対応しているISP事業者まで徹底解説しています。

 

オプションサービス

メールアドレスが無料で1個

メールアドレスは標準で1つ提供されています。メールアドレスの追加はできません。

又、ドメインは、「docomonet.jp」。ドコモの携帯と間違えそうですね・・・

 

セキュリティが12ヵ月間無料

ドコモnetでは、下記セキュリティソフトを12ヵ月間無料利用できますが、無料期間終了後は自動解約となるため継続希望の場合には、マカフィーと直接契約をする必要があります。

マカフィー インターネットセキュリティ
1ライセンス1台
対象OSWindowsのみ

 

設定サポートがない

ドコモnet自体は、設定サポートを提供していません。

ドコモ光のネットトータルサポートを利用する必要があります。

 

■参考記事

 

ルーターのレンタルがない

上述したようにドコモnetは、通信速度の改善が見込める「IPv4 over IPv6」の提供を正式に開始しました。これにより、通信速度の大幅な改善が見込めそうです。

但し、その恩恵を受けるためには、対応したルーターが必要になります。ドコモnetの窓口に問い合わせたところ、「ルーターの貸し出しは無く尚且つ、動作を保証しているのは、ドコモ光ルーター01だけです。

サービスの種類によって対応機器は以下のように異なりますが、そもそもプロバイダ自体が動作保証をしているわけではないので、ドコモ光ルーター01以外を利用する際は自己責任になります。

よって、リスクや手間をかけたくないということであれば同種のサービスを提供し尚且つ、ルーターも無料で貸し出ししているプロバイダがお薦めです。

ドコモ光で「IPv4 over IPv6」に対応尚且つ、ルーターを無料レンタルできるプロバイダ

サービス名称
(VNE事業者)
メーカーと対応機器
◆v6プラス
(JPNE)
■NTT東西のHGW
・RT-S300シリーズ
・PR-S300シリーズ
・RV-S340シリーズ
・RT-400シリーズ
・PR-400シリーズ
・RV-440シリーズ
・RT-500シリーズ
・PR-500シリーズ
・RS-500シリーズ

■バッファロー
・WTR-M2133HP
・WXR-2533DHP2
・WXR-2533DHP
・WXR-1900DHP3
・WXR-1901DHP3
・WXR-1900DHP2
・WXR-1900DHP
・WXR-1750DHP
・WXR-1750DHP2
・WXR-1751DHP2

■アイ・オー・データ
・WN-AX1167GR
・WN-AX1167GR/V6
・WN-AX1167GR2
・WN-AX2033GR
・WN-AX2033GR2

■NTTドコモ
・ドコモ光ルーター01

■NECプラットフォオームズ
・Aterm WG2600HP3
・Aterm WG1900HP2
・Aterm WG1200HP3

■エレコム
・WRC-1750GSV
・WRC-1167GST2

■センチュリー・システムズ
・FuruterNet NXR-G200 シリーズ

■ヤマハ
・RTX830
・RTX1210

⇒詳細はコチラ
◆IPv6オプション
(BIGLOBE)
■NTT東西のHGW
・RT-S300シリーズ
・PR-S300シリーズ
・RV-S340シリーズ
・RT-400シリーズ
・PR-400シリーズ
・RV-440シリーズ
・RT-500シリーズ
・PR-500シリーズ
・RS-500シリーズ

■NTTドコモ
・ドコモ光ルーター01

■NECプラットフォオームズ
・BIGLOBEの有償レンタルルーター
(WG1810HP)
◆v6アルファ
(NTTコミュニケーションズ)
・ドコモ光ルーター01
・OCNのレンタルルーター
◆v6エクスプレス
(マルチフィード)
・ドコモ光ルーター01
・ぷららのレンタルルーター
(WN-AX1167GR2)
◆transix
(マルチフィード)
・ドコモ光ルーター01
・WXR-1900DHP
・Cisco 1812J
・WRC-1750GSV
・WS325
・SEILシリーズ
・WN-AX1167GR
・NVR500
・RTX1210

⇒詳細はコチラ
※記載しているルーターのうち一部はプロバイダではなくネイティブ(VNE)事業者が動作保証をしています。

 

解約時の手続き

ドコモ光解約時にプロバイダも解約となります。

ドコモnetはドコモ光専属プロバイダなのでプロバイダ契約のみを残す事ができません。メールアドレスのみ継続する事もできないので、注意が必要です。

 

ドコモnetのメリット・デメリット

ドコモnetを利用するメリット・デメリットは下記点が挙げられます。

メリットデメリット
・「IPv4 over IPv6」で通信速度の向上
・工事・故障情報が確認可能
・セキュリティが12ヵ月間無料
・ルーターの貸し出しがない
・解約時、メールアドレスが廃止

 

「IPv4 over IPv6」の提供開始により通信速度の向上に期待ができますし、12ヵ月間無料でセキュリティソフトが使えるのは魅力の一つです。

しかしながら、セキュリティソフトを自動継続できず、のちのち手間暇がかかることやルーターのレンタルも無。更に、ドコモ光解約時にメールアドレスを残せないことを考えると、サービス面が充実しているとは言えません。

よって、オプションサービスを充実させたいということであれば、以下のようにメリットの豊富なGMOとくとくBBの方が最適なインターネット環境を作りやすいと思います。

メリットデメリット
・GMOのHPから申込で15,000円還元
・「v6プラス」で速度UP
・速度が遅ければ100円分のポイント還元
・「V6プラス」対応ルーターが無料
・通信速度の評価が高い
・メールアドレスが15個とNo.1
・セキュリティが12ヵ月間無料
・セキュリティの対象OSが豊富
・訪問サポートが初回無料
・電話サポートがない

 

▼プロバイダ選びに悩まれたら・・・▼

 

また、ドコモ光ユーザーと相性の良いdカード GOLDというクレジットカードがあります。主なメリットは以下のようになります。

  • docomoの料金対して10%のポイントの還元率
  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

ドコモ光ユーザーがdカード GOLDを持つべき理由を徹底解説

更に、2018年7月1日以降の申し込みで、最大13,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードです。

入会特典詳細

 

▼Web申込のメリットとお得な入会キャンペーン▼

 

▼ドコモ光ユーザーなら必須のカード▼

 

▼ドコモ光の手続き総合ページ▼

 

スポンサーリンク

-ドコモ光, プロバイダ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ドコモ光のプロバイダ So-netの評判がIPv6対応で向上!だが選ぶべきでない人も・・・

ドコモ光の提携プロバイダ「So-net」。 タイプAプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。  戸建てマンション タイプA5,200円 (6,700円)4,000円 (5 …

ドコモ光でDTIをプロバイダにするとメリットだらけ?v6プラス対応ルーターも無料?

ドコモ光、提携プロバイダの「DTI」。 タイプAなのでタイプBに比べて月額料金は200円安くなります。  戸建てマンション タイプA5,200円 (6,700円)4,000円 (5,000円 …

ドコモ光でIC-NETをプロバイダにするメリット・デメリット!IPv6対応で速度向上?

ドコモ光のタイプAプロバイダの「Ic-net」。 月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。今回は「Ic-net」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめて …

ドコモ光ミニ!工事費やプラン変更等の手続きと注意事項!光複数割やセット割は適用?

2016年3月1日よりドコモ光ミニというプランが開始されました。内容はフレッツ光のライトプランと同様で主に、インターネットを使わない方向けのサービスです。 では、ドコモ光ミニとは具体的にどんな人にお薦 …

ドコモ光でANDLINE(アンドライン)をプロバイダにするメリットは無線(Wi-Fi)ルーターの無料レンタル?

ドコモ光タイプAのプロバイダ「ANDLINE」。 月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。  戸建てマンション タイプA5,200円 (6,700円)4,000円 (5, …

ドコモ光のプロバイダ「U-Pa!(U-NEXT)」が2018年5月22日で申込受付終了!手続きはお早めに!

U-Pa! for ドコモ光サービスは2018年5月22日で新規及びプロバイダ変更受付が終了。2019年3月31日でサービスも終了します。 現在、プロバイダをU-Pa!にされている方は、プロバイダ変更 …

ドコモ光でエディオンネットをプロバイダにするメリット・デメリット!特徴は?

ドコモ光タイプAプロバイダ「エディオンネット」。 月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。今回は「エディオンネット」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまと …

ドコモ光のプロバイダ「SYNAPSE(シナプス)」の評判は?特徴とオプションサービスまとめ!

ドコモ光タイプAプロバイダの「SYNAPSE(シナプス)」。鹿児島に拠点を置くISP事業者です。タイプAという事でタイプBに比べて月額料金が200円安くなります。 この記事では、SYNAPSEの通信速 …

ドコモ光ルーター01は全ての「IPv4 over IPv6」に対応済!スペックは高いの?

ドコモ光でWi-Fi環境をつくるには、無線LANカードかルーターが必須です。  嬉しさで目覚めたいドコモ光でWi-Fiが無料?無線LANカードとルーターのレンタルはどっちがお薦め?ドコモ光で …

ドコモ光でTiki Tikiをプロバイダにするメリット・デメリット!通信速度の評価や口コミは?

ドコモ光のプロバイダの「TiKi TiKi」。拠点は北海道、東京、岡山、佐賀と展開しており全国ユーザー向けにインターネット接続サービス及び、光コラボレーションモデル「Tiki光コラボ」を提供している事 …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。記事を書く際は、直接企業に問い合わせを行う為、オリジナル性は高いと自負しています。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。