ドコモ光 プロバイダ

ドコモ光のプロバイダ「TNC(TOKAIネットワーククラブ)」の魅力は生活全般のサポートサービス?

投稿日:2017年4月3日 更新日:

ドコモ光タイプBプロバイダ「TNC」。

提供エリアは静岡県のみと地域密着型のISP事業者です。月額料金はタイプAのプロバイダに比べて200円高くなります。

この記事では、「TNC」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめてみました。

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です
※料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。



通信速度

 5段階評価下りの平均速度
2017年5月3.92
(1位/15位中)
評価無
2017年8月3.30
(5位/15位中)
評価無
2017年11月1.25
(11位/12位中)
評価無
2018年2月1.25
(11位/12位中)
評価無
2018年5月2.00
(10位/10位中)
評価無
※5段階評価は、価格.comの口コミを参考にしています。
※下りの平均速度は、Radishみんなの測定結果を参考にしています。

 

価格.comの口コミを見てみると2017年以降、低評価の方が増えており、最近では質がかなり落ちているという意見もありました。

速度に関しては不安定な状態が続いているようなので、後述する「IPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)」に対応したプロバイダを検討した方がいいでしょう。

 

IPv6対応状況

IPv6接続とは次世代の通信技術。

IPv6接続に対応していれば通信速度が改善される場合があります。但し、大幅な速度改善が見込めるのは下記表③のIPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)。通称v6プラスだけです。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
DTI
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
@TCOM
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
※対応ISPは2018年5月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。
※BB exciteは、ドコモ光ではなくexcite MEC光利用時のみ「IPv4 over IPv6」に対応済です。

 

「TNC」は2018年5月現在、上記表①のIPv6 PPPoEへの対応しかしていないため、通信速度の改善は見込めない状態です。

尚、下記参考記事では、IPv6接続とは何か?v6プラスはなぜ速くなるのか?ということから対応しているISP事業者まで徹底解説しています。

 

■参考記事

 

オプションサービス

メールアドレス

メールアドレスは無料で3個まで利用可能です。

追加を希望される場合には1個につき月額100円(税抜)かかります。

 

セキュリティ

F-Secure(エフセキュア)」という会社が提供する下記セキュリティソフトを最大6ヵ月間無料で利用できます。

TOKAI SAFE
月額料金400円(税抜)
1ライセンス6台
対象OSWindows、Mac、Android、iOS

 

このセキュリティソフトは、1ライセンス月額400円(税抜)で6台まで利用できる為、ドコモ光提携プロバイダの中では1番の対応台数となっています。

しかしながら「F-secure(エフセキュア)」の料金プランは1年間で7台を4,450円(税抜)。月額換算すると370円程と格安なので、無料期間終了後はTNCとのオプション契約ではなく購入した方がお得に利用できます。

 

設定サポート

初期設定のサポートは電話又は、訪問対応を設けていますが、リモートサポートは提供されていません。遠隔操作でのサポート希望の場合には、ドコモ光が提供するネットトータルサポートサービスを利用しましょう。

 

TNCテクニカルサポート

無料で何度でも電話又は、メールでのサポートを受ける事ができますが、上述したようにリモートサポート(遠隔)には対応していません。

連絡先
電話番号0800-600-1234
営業時間平日:10~12時、13~20時
土日祝:10~12時、13時~18時

 

ネットPCレスキュー隊

電話での相談が不安ということであれば、訪問サポートを利用する事ができます。

非会員の方が訪問サポートを受ける場合は下記料金が発生しますが、月額500円(税抜)で会員になると基本訪問料金2,857円(税抜)が免除されます。

  • 基本訪問料金2,857円(税抜)
  • インターネット接続等の料金(料金表はコチラ

又、会員になるとインターネットだけでなく日常生活における様々なトラブルにも24時間365日無料で対応してもらえるのが魅力的です。

 

特典①:応急処置作業料金が無料

下記のようなトラブルが起こったときも、24時間365日いつでも応急処置が無料です。

  • トイレのつまり
  • 給排水管のつまり・故障
  • 玄関のカギ開け

 

特典②:医療相談ダイヤル

現役の救急専門医が、日常の食事や体の悩みに対して的確なアドバイスをしてくれます。又、突然の怪我や発熱に対しての対応や出張先、旅先での医療機関紹介も行ってくれます。

連絡先
電話番号0120-944-119
営業時間24時間365日
(20時~9時は受付のみ)

 

■参考記事

 

解約時の手続き

ドコモ光解約時には、プロバイダから意向確認の連絡があります。

手続きを怠ればTNCから付与されているメールアドレスも利用できなくなりますので、継続希望の場合にはモバイルプランへの移行手続きを行いましょう。

モバイルプランへ契約変更後の月額料金は、1個535(税込)円。そして1個追加ごとに108(税込)円かかります。つまり無料提供されている3個のメールアドレス全てを引き継ぎたい場合には月額751円(税込)かかります。

  • モバイルプラン料金(メールアドレス1個付加):535円
  • 108円×メールアドレス2個=216円

 

■参考記事

 

TNCのメリット・デメリット

TNCを利用するメリット・デメリットは下記点が挙げられます。

メリットデメリット
・セキュリティが6ヵ月間無料で対応台数が多い
・日常生活の様々なトラブルにも対応
・タイプBの為、月額料金が200円高い
・通信速度の評判が低下

 

TNCはタイプBの為、タイプAに比べて月額料金は200円高くなりますし、通信速度に関しては、評価が低迷しつつあります。

しかしながら、提供しているセキュリティソフトは6ヵ月間無料で利用でき尚且つ、1ライセンス6台まで提携プロバイダの中では最大です。

また、生活全般のトラブルに対応してもらえるネットPCレスキュー隊は、インターネットに関するトラブルだけでなく、トイレ・給排水管のつまりや故障、玄関のカギ開け等、ちょっとした困りごとも24時間365日応急処置をしてもらえる地域密着型のサポートは大きな魅力です。

ただ、プロバイダとしての質を重視するのであれば以下のようにメリットの豊富な「GMOとくとくBB」をお薦めします。

メリットデメリット
・工事費無料
・最大1万円分のdポイント獲得
・GMOのHPから申込で15,000円還元
・手続き時間が大幅に短縮
・「v6プラス」で他社とは速度を完全に差別化
・更に、速度が遅ければ100円分のポイント還元
・ハイスペックルーターを無料レンタル可
・無料利用可のメールアドレスが圧倒的に多い
・セキュリティが12ヵ月間無料で対象OSも豊富
設定サポートサービスが無い
⇒2018年1月23日より初回の出張サポートが無料利用可

 

▼プロバイダ選びに悩まれたら・・・▼

 

また、ドコモ光ユーザーと相性の良いdカード GOLDというクレジットカードがあります。主なメリットは以下のようになります。

  • docomoの料金対して10%のポイントの還元率
  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

ドコモ光ユーザーがdカード GOLDを持つべき理由を徹底解説

更に、2018年7月1日以降の申し込みで、最大13,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードです。

入会特典詳細

 

▼Web申込のメリットとお得な入会キャンペーン▼

 

▼ドコモ光ユーザーなら必須のカード▼

 

▼ドコモ光の手続き総合ページ▼

 

スポンサーリンク

-ドコモ光, プロバイダ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ドコモ光でGMOとくとくBBをプロバイダに!遅い通信速度はv6プラスとレンタルルーターで大幅に改善!

ドコモ光の提携プロバイダ「GMOとくとくBB」を選ぶメリット・デメリットについてまとめてみました。 インターネットを利用する際、気になるのは通信速度が遅い事。GMOとくとくBBは、その通信速度を上げる …

ドコモ光でOCNをプロバイダにするメリット・デメリット!速度の評判・口コミとIPv6への対応は?

ISP業界最大手の「OCN」。 プロバイダを決める際に1度は検討するISP事業者だと思いますがドコモ光ではタイプBに該当する為、月額料金がタイプA(Plalaやbiglobe等)に比べて200円高くな …

ドコモ光でSo-netをプロバイダにするメリット・デメリットまとめ!IPv6対応で通信速度は改善?

ドコモ光の提携プロバイダ「So-net」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。 今回はそんな「So-net」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスにつ …

ドコモ光のプロバイダ ドコモnet!速度の評判はIPv6対応で改善?

ドコモ光の専属プロバイダ「ドコモnet」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。今回は「ドコモnet」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまと …

ドコモ光のプロバイダ「U-Pa!(U-NEXT)」が2018年5月22日で申込受付終了!手続きはお早めに!

U-Pa! for ドコモ光サービスは2018年5月22日で新規及びプロバイダ変更受付が終了。2019年3月31日でサービスも終了します。 現在、プロバイダをU-Pa!にされている方は、プロバイダ変更 …

ドコモ光でDTIをプロバイダにするメリット・デメリット!通信速度の評判や口コミはどうなの?

ドコモ光、提携プロバイダの「DTI」。 タイプAなのでタイプBに比べて月額料金は200円安くなります。この記事では「DTI」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめてみました …

ドコモ光でANDLINE(アンドライン)をプロバイダにするメリットは無線(Wi-Fi)ルーターの無料レンタル?

ドコモ光タイプAのプロバイダ「ANDLINE」。 月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。 今回は、「ANDLINE」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてま …

ドコモ光の工事日と工事費が不明!連絡が来ない為、問い合わせした結果・・・

2015年3月よりサービスを開始したドコモ光。2018年3月時点で、470万契約を突破しました。一見、順調そうに見えるも、ネット上では、「工事日は?工事料金は?問合せ先はどこ?」という声が数多く寄せら …

ドコモ光でSIS(スピーディア)をプロバイダにするメリット・デメリットまとめ!

ドコモ光のプロバイダ「SIS(スピーディアインターネットサービス)」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。 今回は「SIS」の通信速度やメリット・デメリット、オプシ …

ドコモ光でASAHIネットをプロバイダにするメリットは通信速度?評判や口コミはどうなの?

ドコモ光のプロバイダ「ASAHIネット」。 タイプBのプロバイダなのでタイプAに比べて月額料金が200円高くなります。 今回は、「ASAHIネット」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービス …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。記事を書く際は、直接企業に問い合わせを行う為、オリジナル性は高いと自負しています。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。