ドコモ光の大手プロバイダは繋がりにくく電話対応が酷い?会話の一部始終を公開!

ドコモ光

私はサービスを受ける前や紹介記事を書く際、必ず下調べとして窓口に問い合わせをします。特に、ドコモ光のプロバイダにおいては3カ月に一度、全プロバイダに問い合わせを行います。

ドコモ光のプロバイダでおすすめは4社!理由と選び方をランキング形式で徹底解説!
この記事は、提携プロバイダ全社に電話連絡のうえ3ヵ月に1度更新しています。 ドコモ光の提携プロバイダは26社(現在、申し込みができるのは25社)もあり、選択に迷われる方も多いと思います。結果、大手だからという理由だけで契約してしまう方...

なぜなら、思わぬ情報を教えてもらえることがあるから・・・

もちろん細かいことを聞いて、手を煩わせることもあるので招かれざる客だと思います。だからこそ、親切に対応して頂いた時は必ず

丁寧に対応頂きありがとうございました。

という言葉を伝えるようにしています。

私もコールセンターでの勤務経験がある為、この言葉が一番と言っていいほど嬉しいと思うから・・・

そんな中、とても不愉快な対応を受けたプロバイダ事業者があったので、そのことを記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

会話の内容

会話の内容は「v6プラス」という通信速度の大幅な向上が見込めるサービスにプロバイダが対応しているか否かを確認した時の一部始終です。

2017年4月時点では、ドコモ光対応プロバイダのIPv6対応状況が無かったのでプロバイダごとに問い合わせをしていました。

 

◆参考記事

ドコモ光でv6プラス・transix(DS-Lite)等 IPv6に対応した13社のプロバイダを速度・料金で徹底比較!
ドコモ光契約時に一番重要なのはプロバイダ選びです。 理由はプロバイダにより回線速度や月額料金、オプションサービスの有無が変わってくるから。 そして、もう一つプロバイダ選びの重要な指標としてIPv6接続への対応有無...

 

上への確認を避けたがる

v6プラスに対応していますか?

v6プラスなんて聞いたことがありません。ドコモ光の窓口に確認してください。

ドコモ光ではなくプロバイダによって対応状況が異なると思うのですが・・・

いいえ。ドコモ光の管轄です。

他事業者ではプロバイダにより対応状況は異なると聞きました。そして、その質問に対してはそれぞれの事業者毎に回答を頂いています。一度、確認していただけませんか?

 

しぶしぶ了承し一旦、電話を保留。上席への確認を避けたがるコールセンターは多いので、そこまでは違和感を感じませんでした。確認後、、、

 

対応していません。

 

保留にしたにも関わらずオペレーターの方が発したのは、その言葉だけでした。そして続き、、、

 

聞かれた事しか答えない

では、他にも質問事項があります。メールアドレスは何個、提供されていますか?

○個です。

セキュリティソフトは提供されていますか?

○○です。

月額料金はかかりますか?

かかります。

いくらですか?

○円です。

税抜きですか?

税抜きです。

設定サポートはされていますか?

しています。

月額料金はかかりますか?

かかります。

いくらですか?

○円です。

税抜きですか?

税抜きです。

聞かれた質問にしか答えてくれないんですね。

全ての人がそうかは分かりませんが、少なくとも私は聞いた質問に付随する最低限の情報は教えてほしいと思います。上述したように月額料金や税込か税抜きなんて一度、同じことを聞いているんだから「わざわざ聞き返さないと答えないなんて・・・」と不愉快になってきました。

 

けんか腰で会話

そして電話の途中から、あからさまにオペレーターのイライラがずっと伝わってきていたので、、、

同じことを聞いているのだから補足した説明をしてくれてもいいんじゃないですか?

するとオペレーターの方はなんと、、、

チッ!

舌打ちされました。

これは明らかです。腹が立ったので、、、

今、舌打ちしましたよね?

してません。

声を荒げて私は言いました。

しましたよね?どういうつもりですか?

するとオペレーターの方も声を荒げて、、、

「してない」と言ってるじゃないですか!

この方と話してもしょうがないと思い、上席対応を求めると・・・

折り返します。

今すぐ代わってください。

弊社の規定では折り返すと決まっています。

私に規定は関係ありません。代わってください。

折り返します。

代わってもらえるまで電話を切りません。

代われないものは代われません。待っていても無駄です。

とお互いにけんか腰。らちがあかないので、

電話を代わってもらえないか一度、確認すべきではないですか?

分かりました。

としぶしぶ了承し「お待ちください」も言わずにいきなり保留。

こうなると私は完全にクレーマー扱いです・・・結果的には折り返ししかできないとの事で「もう結構です」と言って電話を切りました。

 

信用できないオペレーターもいる

この時は非常に電話が繋がりにくく、私もイライラしていて話し方や言い回しがオペレーターの方の気に障ったのかもしれません。

また、混雑する窓口だとオペレーターの方も「電話を取れ取れ!」と上から圧力をかけられているのは目に見えています。ですが問い合わせする側の立場からすれば、関係ないですし、けんか腰で対応するオペレーターとなんて話したくありません

何より、そんな対応されても全く信頼ができないので再連絡をしました。

その時のオペレーターの方にはしっかりと対応して頂きました。

オペレーターの方によって対応が代わるのは当然のことですし、ひとくくりにはできないので事業者名は伏せます「この事業者とは絶対に契約したくない」と心から思いました。

 

サポートの質なら「@nifty」

私の主観ですが、ドコモ光プロバイダの中でいつも丁寧で迅速。なにより痒いところに手が届く対応をしてくれる事業者もあります。それは、@niftyです。

@niftyのメリット・デメリットは以下のようになります。

メリットデメリット
・オペレーターの対応が良い
・「v6プラス」で速度の評価が高い
・セキュリティが12ヵ月間無料
・設定サポートが初回無料
・ルーターレンタルが無い
・現金キャッシュバックが無い

ルーターのレンタル・キャッシュバックがない点等、GMOぷららに比べるとお薦めしづらい部分はありますが、コールセンター経験者としてオペレーターの方の対応は「本当に素晴らしい」と思います。

ルーターが不要という方やプロバイダ変更の為、現金のキャッシュバック対象外という方は@niftyを検討してみてはいかがですか?

 

◆参考記事

ドコモ光のプロバイダでおすすめは4社!理由と選び方をランキング形式で徹底解説!
この記事は、提携プロバイダ全社に電話連絡のうえ3ヵ月に1度更新しています。 ドコモ光の提携プロバイダは26社(現在、申し込みができるのは25社)もあり、選択に迷われる方も多いと思います。結果、大手だからという理由だけで契約してしまう方...

 

ドコモ光・docomoユーザーは必見!dカード GOLDの魅力

ドコモ光ユーザーと相性の良いdカード GOLDというクレジットカードがあります。主なメリットは以下のようになります。

  • docomoの料金対して10%のポイントの還元率
  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

ドコモ光ユーザーがdカード GOLDを持つべき理由を徹底解説

更に現在は、最大13,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードです。

 

◆公式サイト⇒dカード GOLD

コメント