ドコモ光 プロバイダ

ドコモ光のプロバイダ!plala(ぷらら)がIPv6対応で速度向上!評判・口コミは?

投稿日:2017年8月24日 更新日:

ドコモ光の提携プロバイダ「plala(ぷらら)」。

タイプAという事でタイプBに比べて月額料金が200円安くなります。

今回はそんなplala(ぷらら)の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめました。

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です
※料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。

Plala ドコモ光

通信速度

 5段階評価下りの平均速度
2017年5月2.83
(8位/15位中)
71Mbps
(9位/13位中)
2017年8月2.41
(9位/15位中)
110Mbps
(8位/13位中)
2017年11月2.26
(8位/12位中)
144Mbps
(7位/13位中)
2018年2月2.2
(9位/12位中)
194Mbps
(3位/13位中)
2018年5月2.68
(7位/10位中)
200Mbps
(3位/13位中)
※5段階評価は、価格.comの口コミを参考にしています。
※下りの平均速度は、Radishみんなの測定結果を参考にしています。

 

価格.comの口コミ、Radishみんなの測定結果の平均速度共に評価は上がっています。

口コミを確認した所、昼間の速度に対する不満は少ないようですが「夜間の速度が遅い」という意見が多く見られます。確かにインターネットのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯の平均速度を計算してみると、135Mbpsと下がっています。

集計時の速度を確認すると、最大が600Mbps超。最低が600Kbpsと桁違いの数値なので、環境による低下は否めません。ただこれは、どのプロバイダでも同じ傾向にありますし、混雑する時間帯でも平均速度が135Mbpsと考えると、速度的にお薦めできる事業者だと思います。

尚、下記表はRadishみんなの測定結果を元に独自に計算しており並べ替え可能です。見出しの矢印をクリック又は、タップしてください。

プロバイダ
(関連記事)
オールタイム
ゴールデンタイム
ぷらら200135
So-net12142
BIGLOBE16384
DTI8283
BB.excite9565
hi-ho(ハイホー)456
GMOとくとくBB245239
TiKi TiKi77
ASAHIネット204229
@nifty197258
@TCOM168211
OCN188112
WAKWAK(ワクワク)1113
※20時~2時をゴールデンタイムとして集計しています。
※2018年5月時点の集計結果です。

 

IPv6対応で速度改善?

IPv6接続に対応しているが通信速度は速くなるのか?

答えは「Yes」です。

「Plala」は、ドコモ光提携プロバイダの中でもIPv6接続により速度向上が見込める事業者の一つです。理由は下記表③のIPv4 over IPv6に対応しているから。

IPv6接続は大まかに下記3種類に分けられ、対応しているプロバイダも異なります。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
DTI
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
@TCOM
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
※対応ISPは2018年5月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。
※BB exciteは、ドコモ光ではなくexcite MEC光利用時のみ「IPv4 over IPv6」に対応済です。

 

IPv6接続方式の中で通信速度の向上が見込めるのは上記表の②と③です。

では違いは何なのか?

それはIPv6接続に対応していないWebサイトでも速度が変わるか否かです。

②はIPv6接続に対応しているWebサイト以外で速度は改善されません。対する③は対応していないWebサイトでも通信速度の改善が見込めます。2018年5月現在IPv6接続に対応している一般的なWebサイトはGoogle・Youtube・Facebook・Netflix・Facebook・WikiPedia位です。

つまりは、

  • ①は速度改善不可
  • ②は対応サイトが少ない為、一部のみ速度改善
  • ③はIPv6非対応のWebサイトでも速度改善

という事になります。

ぷららは、2018年より「IPv4 over IPv6」の提供を開始しました。これは、ドコモ光のプロバイダとしてだけでなく、ぷらら自身が提供する光コラボレーションモデルにおいても同様です。

 

ちなみに、PlalaのサービスはGMOや@nifty等が提供しているv6プラスとは異なります。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6のサービス名称
(VNE事業者)
v6プラス
(JPNE)
GMOとくとくBB
IC-net
@nifty
ANDLINE
SIS
So-net
タイガースネット
IPv6オプション
(BIGLOBE)
BIGLOBE
v6アルファ
(OCN)
OCN
ドコモnet
transix
(マルチフィード)
ぷらら
ドコモnet
・BB excite(MEC光のみ)
IPv6高速ハイブリッド
IPv6 IPoE+IPv4
(BBIX)
Yahoo! BB
※ドコモnetはv6アルファとtransixを併用してサービスを提供しています。
※Yahoo! BBはドコモ光提携プロバイダではありません。
※BB exciteがtransixに対応するのはexcite MEC光利用時のみです。

 

 

尚、下記参考記事では、IPv6接続とは何か?v6プラスはなぜ速くなるのか?ということから対応しているISP事業者まで徹底解説しています。

 

■参考記事

 

オプションサービス

plala(ぷらら)をプロバイダに指定すると1,200円(税抜)分のフリーチケットが毎月貰えます。このフリーチケットは下記オプションサービスの利用料金に充当する事ができます。

  • 複数メールアドレス
  • ニックネームメール
  • メールフォワードHyper
  • プライベートホームページ
  • 時間 de メール
  • グループメール
  • IP接続サービス

 

メールアドレス

メールアドレスは標準で1つ利用できます。

尚、上述したフリーチケットを利用する事でメールアドレスは実質無料で追加ができます。1つあたり200円(税抜)かかるので最大で7つ(1+6)までメールアドレスを無料で利用できます。

 

セキュリティ

セキュリティは下記ソフトが利用可能です。尚、ドコモ光開通後、最大24ヵ月間無料で利用できるのは大きなメリットですね。

尚、2017年11月中旬よりMac・iOS・Androidでもセキュリティソフトの利用が可能になりました。

マカフィー for plala
月額料金370円
1ライセンス3台
対象OSWindows、Mac、iOS、Android
※金額は税抜です。

 

設定サポート

設定サポートの対象範囲は以下のようになります。

  • インターネット接続設定
  • ひかりTV視聴設定
  • DAZN視聴設定
  • dTV視聴設定

 

電話サポート

plala(ぷらら)は、電話にて何度でも設定のサポートを無料提供しています。他のプロバイダはインターネット接続以外は有料になるケースも多い中「plala」では上記ような手厚いサポートを受けられます。

 

訪問サポート

電話でのサポートに不安がある場合には、自宅へ訪問してのサポートも受けられます。

訪問サポートは1回だけ無料です。上記以外の作業や該当の台数以上は有償となるので、どのような設定を希望か窓口に伝えたうえで予約を行うようにしましょう。

 

■参考記事

 

ルーターのレンタル

上述したようにPlalaは、2018年3月1日より「IPv4 over IPv6」の提供を正式に開始しました。

これにより、通信速度の大幅な改善が見込めそうです。

但し、その恩恵を受けるためには、対応したルーターが必要になります。Plalaの窓口に問い合わせたところ、「ルーターの貸し出しは無く尚且つ、動作を保証しているのは、ドコモ光ルーター01だけとのこと。

「IPv4 over IPv6」のサービスの種類によって対応機器は以下のように異なりますが、そもそもプロバイダ自体が動作保証をしているわけではありません。よって、Plalaで「IPv4 over IPv6」を利用する為には必ず、ドコモ光ルーター01を購入する必要があります。

サービス名称
(VNE事業者)
対応機器
v6プラス
(JPNE)
■NTT東西のHGW
・RT-S300シリーズ
・PR-S300シリーズ
・RV-S340シリーズ
・RT-400シリーズ
・PR-400シリーズ
・RV-440シリーズ
・RT-500シリーズ
・PR-500シリーズ
・RS-500シリーズ

■ルーター
・WXR-2533DHP2
・WXR-2533DHP
・WXR-1900DHP3
・WXR-1901DHP3
・WXR-1900DHP2
・WXR-1900DHP
・WXR-1750DHP
・WXR-1750DHP2
・WXR-1751DHP2
・WN-AX1167GR
(ファームウェアバージョン3.20以降)
・WN-AX1167GR/V6
(ファームウェアバージョン3.20以降)

⇒詳細はコチラ
IPv6オプション
(BIGLOBE)
transix
(マルチフィード)
■ルーター
・WXR-1900DHP 他
・Cisco 1812J
・WS325
・SEILシリーズ
・WN-AX1167GR
・UNIVERGE IXシリーズ
・NVR500、RTX1210

⇒詳細はコチラ
※記載しているルーターはプロバイダではなくネイティブ(VNE)事業者が動作保証をしています。
※「v6アルファ」で動作保証されているのはOCNが貸し出しているルーターのみです。

 

解約時の手続き

ドコモ光解約と同時に無料プランへ自動移行となります。

尚、メールアドレスを継続希望の場合にはプラコミゼロという毎月200円(税抜)のプランに変更が必要です。又、2つ以上のメールアドレスを継続希望の場合には、プラスオプションという月額300円(税抜)のサービスに加入しましょう。

上述したフリーチケット1300円(税抜)分が毎月貰えますよ。

 

■参考記事

 

plala(ぷらら)のメリット・デメリット

plala(ぷらら)を利用するメリット・デメリットは下記点が挙げられます。

メリットデメリット
・通信速度の評価が高い
・最大24ヵ月セキュリティが無料
・電話サポートが永年無料
・訪問サポートが初回無料
・IPv4 over IPv6対応ルーターの貸し出しが無い

 

ぷららは提携プロバイダの中でも総合的にお薦めできるISP事業者です。

実際に「IPv4 over IPv6」への対応で速度の評価も上がりました。

唯一、デメリットとして挙げるとすれば、ルーターの貸し出しを行っていないことと「IPv4 over IPv6」の対応機器がドコモ光ルーター01のみということです。

メリットとしてはセキュリティと設定のサポートが挙げられます。セキュリティソフトは1ライセンスで3台までの対応で尚且つ、無料期間は24ヵ月と提携プロバイダの中でトップクラスです。

そして、訪問サポートは1回無料。電話サポートに至っては回数を問わず永年無料ですし、サポート範囲にひかりTVやdTVの視聴接続設定が含まれています。インターネット接続だけならまだしもTVの設定も含まれているので、設定が不安な方にとっては大きな魅力だと思います。

 

▼プロバイダ選びに悩まれたら・・・▼

 

また、ドコモ光ユーザーと相性の良いdカード GOLDというクレジットカードがあります。主なメリットは以下のようになります。

  • docomoの料金対して10%のポイントの還元率
  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

ドコモ光ユーザーがdカード GOLDを持つべき理由を徹底解説

更に、2018年7月1日以降の申し込みで、最大13,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードです。

入会特典詳細

 

▼Web申込のメリットとお得な入会キャンペーン▼

 

▼ドコモ光ユーザーなら必須のカード▼

 

▼ドコモ光の手続き総合ページ▼

 

スポンサーリンク

-ドコモ光, プロバイダ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ドコモ光のプロバイダ変更!通信速度が遅い原因はISP事業者?違約金や手数料・再設定は必要?

ドコモ光を利用しているが、、、 通信速度が遅い サポートに不満がある そんな時に考えるのはプロバイダの変更ですよね。 プロバイダを変更すれば速度は勿論、ISP事業者ごとにサポートが異なるので不満を解消 …

ドコモ光でOCNをプロバイダにするメリット・デメリット!速度の評判・口コミとIPv6への対応は?

ISP業界最大手の「OCN」。 プロバイダを決める際に1度は検討するISP事業者だと思いますがドコモ光ではタイプBに該当する為、月額料金がタイプA(Plalaやbiglobe等)に比べて200円高くな …

ドコモ光でDTIをプロバイダにするメリット・デメリット!通信速度の評判や口コミはどうなの?

ドコモ光、提携プロバイダの「DTI」。 タイプAなのでタイプBに比べて月額料金は200円安くなります。この記事では「DTI」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめてみました …

ドコモ光でIC-NETをプロバイダにするメリット・デメリット!IPv6対応で速度向上?

ドコモ光のタイプAプロバイダの「Ic-net」。 月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。今回は「Ic-net」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめて …

ドコモ光電話まとめ!工事費や番号引き継ぎ・他社からの移行は可能?料金請求はどこから?

2015年2月に始まったドコモ光。 当初は固定電話サービスを提供していませんでしたが、2016年4月よりインターネットの後を追い「ドコモ光電話」が開始されました。 この記事では、ドコモ光電話とは何か? …

ドコモ光のプロバイダ「U-Pa!(U-NEXT)」が2018年5月22日で申込受付終了!手続きはお早めに!

U-Pa! for ドコモ光サービスは2018年5月22日で新規及びプロバイダ変更受付が終了。2019年3月31日でサービスも終了します。 現在、プロバイダをU-Pa!にされている方は、プロバイダ変更 …

ドコモ光テレビオプションはスカパー契約で工事料金や初期費用がお得!提供エリアや番組は?

2015年2月より開始されたドコモ光。 2016年4月よりインターネットの後を追い「ドコモ光テレビオプション」が開始されました。 この記事では、ドコモ光テレビオプションとは?ということから、工事費や手 …

ドコモ光の工事日と工事費が不明!連絡が来ない為、問い合わせした結果・・・

2015年3月よりサービスを開始したドコモ光。2018年3月時点で、470万契約を突破しました。一見、順調そうに見えるも、ネット上では、「工事日は?工事料金は?問合せ先はどこ?」という声が数多く寄せら …

ドコモ光でBIGLOBEをプロバイダにするメリット・デメリット!速度の評判や口コミは?

ドコモ光のプロバイダ「BIGLOBE」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。 今回は「BIGLOBE」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてま …

ドコモ光の料金は安くない?フレッツ光・他社コラボとの違いは?契約中や申込前の方必見の手続き完全ガイド!

ドコモ光を契約中及び、申込を検討中の方に対しての総合ページです。 新規・移転・転用・解約等の手続き、オプションサービスやプロバイダ事業者の通信速度やメリットについてもまとめています。皆様がドコモ光を利 …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。記事を書く際は、直接企業に問い合わせを行う為、オリジナル性は高いと自負しています。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。