Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドコモ光 新規

ドコモ光の引っ越し!新築・エリア外への移転手続きや違約金・工事内容と費用まで徹底解説!

投稿日:2017年9月3日 更新日:

ドコモ光を契約中に引っ越しする場合は注意が必要です。

理由は、インターネットの移転にはもの凄く時間がかかる場合があるから。特に、新築の建物へ移転する際は、引っ越し後は暫くインターネットが使えなくなる可能性があります。

そんな事にならないよう、引っ越しが決まったら早めに手続きを行いましょう。

ということで今回は、戸建てや集合住宅等、それぞれの状況に応じた引っ越し時の注意事項についてまとめてみました。



新築への引っ越し手続きに時間がかかる理由

マンション・戸建て問わず、新築の建物に引っ越しする場合は、手続きにかなり時間がかかります。理由は簡単。

エリア判定ができないから・・・

ドコモ光のエリア判定は、フレッツ光のホームページで行います。しかし、新築の場合だと、住所が登録されていない為、エリア判定自体ができません。その為、流れとしては・・・

手続き期間
住所登録2週間から1ヵ月程
設備確認2週間から1ヵ月程
工事日決定2週間から1ヵ月程
※尚、上記に記載した期間は、あくまでも目安です。前後する可能性もあります。

 

 

という風になります。じゃあ面倒くさいから解約しよう・・・

そう思っても解約の際は違約金発生の可能性があります。ドコモ光で定期契約有の場合、解約時に違約金が発生しないのは下記2つに該当する場合のみ。

  • 解約月の解約
  • エリア外の場合

つまり「住所登録が無い=エリア外」ではないんです。勿論、住所登録完了後にエリア外と判定されれば違約金は発生しません・・・

 

■参考記事

 

なんか腑に落ちないですね・・・

尚、手続き自体は、ドコモショップへ来店するか又は、インフォメーションセンターへ電話連絡を行うかどちらかになります。後は、光サービスセンターから工事日調整の連絡を待ちましょう。

インフォメーションセンター連絡先
(午前9時から午後8時)
ドコモ携帯電話151
(「7」をプッシュ)
一般電話又は、ドコモ以外の携帯電話0120-800-000
(「7」をプッシュ)

 

■関連記事

 

注意事項

戸建てへ引っ越し

まずは、引っ越し先がサービスエリア内に入っているか確認しましょう。

西日本エリアへ移転される方はコチラをクリック

東日本エリアへ移転される方はコチラをクリック

 

引っ越し先の住所が正常に表示される場合もありますが、番地が表示されない(たまに、昔の番地が表示されます)場合は、できるだけ近い番地でエリア判定を行います。

尚、新築ではなくても引っ越し先の住所が正確に表示されない場合は、住所登録が必要になります。

 

集合住宅(マンション)へ引っ越し

マンションの場合は建物自体に、ネクストという設備が導入されているか(建設中の場合は、される予定か)確認しましょう。管理会社に聞けばすぐにわかります。

導入されている事が確認できれば、すぐにドコモショップ又は、インフォメーションセンターで手続きを行いましょう!

 

集合住宅にドコモ光の設備がない場合は・・・

集合住宅にフレッツ光の「ネクスト」という設備が導入されていなければ、マンションタイプの導入はできません。よって、選択肢としては、下記2点が挙げられます。

 

マンションに戸建てタイプを導入

戸建てタイプを集合住宅へ設置する場合には、電柱から部屋へ直接、光ケーブルを引き込む工事が必要になります。

工事には当然、建物自体を傷つける可能性や、ケーブルを引き込むことで建物の外観を損なう恐れがある為、事前に必ず管理会社又は、オーナー様へ工事の許可をとる必要があります。

口頭で承諾される可能性もありますが、どのような工事を行うのか事前に、図面提出を要求してくる管理会社やオーナー様もいらっしゃいます。その場合には一旦、現地調査を実施する必要がある為、更に時間がかかります。

又、図面提出後に許可がおりない可能性だって十分にあります。

手続き期間
住所登録2週間から1ヵ月程
現地調査1ヵ月から2ヵ月程
設備確認2週間から1ヵ月程
(現地調査後に発生の可能性有)
工事日決定2週間から1ヵ月程
※尚、上記に記載した期間は、あくまでも目安です。前後する可能性もあります。

 

更に、集合住宅への導入でも実質は戸建てタイプの為、工事費や月額料金は戸建てタイプの料金が適用される事になります。月額料金は、戸建てタイプとマンションタイプでは、毎月1,200円変わってきます。2年間で計算すると28,800円です。尚、工事費に関しては、後述します。

尚、料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。2年定期契約をしていなければ、解約時の違約金は発生しません。

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です

 

建物自体に導入されているネット環境を利用

建物自体に導入されているネット環境を利用する方法です。

こちらの手続きの方が現実的ではあります。「フレッツ光」以外の他社回線が導入されている集合住宅に、別途ケーブルを引き込む工事の許可がおりない可能性の方が高いですからね・・・

又、集合住宅にフレッツ光の「ネクスト」という設備が導入されていなければ、エリア外とみなされる為、解約金は発生しません

更には、他社の新規開通キャンペーンの対象になりキャッシュバックを受けられる可能性もあるので、工事費や月額料金を考慮した上で、手続きを検討してみましょう。

尚、ここでいう他社回線とはフレッツ光及び、光コラボレーションモデル以外の固定回線のことです。例を挙げると、、、

固定回線提供エリア
auひかり

全国
NURO光
(So-net)

東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城
コミュファ光
(中部電力)

愛知、岐阜、三重、静岡
eo光
(関西電力)

大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、福井
メガエッグ
(中国電力)

山口、島根、鳥取、広島、岡山
ピカラ光
(四国電力)

徳島、香川、愛媛、高知
BBIQ
(九州電力)

公式サイト
福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
※BBIQはキャッシュバックキャンペーンを実施していません。

 

 

エリア外(マンション設備無も含む)への引っ越し

ドコモ光がエリア外の場合、フレッツ光や光コラボレーションモデルも同様にエリア外の為、上述した電力系やケーブルテレビ等の固定回線もしくは、WiMAX等のモバイル回線を検討しましょう。

尚、エリア外へ引っ越しの場合、違約金等(定期契約有無関係なく)は発生しませんドコモショップ又は、インフォメーションセンターで解約の手続きを行いましょう。

又、解約の際はプロバイダにも注意が必要です。ドコモ光解約と同時にプロバイダも解約となります。プロバイダ側には解約金は発生しませんが、事業者によっては、一部オプションサービスが自動継続となり、料金が発生し続ける場合があります。

 

■関連記事

 

工事

ドコモ光で引っ越しする場合の工事についてまとめてみます。

移転先の開通工事までの流れは下記のようになります。

移転手続きの流れ
①移転の申込
②住所登録
(不要な場合有)
③現地調査
(不要な場合有)
④設備確認
(不要な場合有)
⑤工事日調整
⑥移転元工事
⑦移転先工事

 

工事内容

工事は移転元と移転先どちらも必要になります。また、工事の種類には派遣・無派遣の2種類がありますが、どちらになるのかはドコモ光サービスセンターでしか分かりません。

尚、工事費は移転先でのみ発生します。移転元で派遣工事が必要な場合も工事費はかかりません。

 

移転元

移転元の工事を先に実施します。

派遣工事の場合には立ち合いが必要になります。既に引っ越し済みの場合等、当日に立ち合いができない場合は、管理会社等に依頼しましょう。

無派遣工事の場合は、回収キットが送られてくるので機器を送り返しましょう。尚、回収キットは、移転元・移転先どちらに送付してもらう事ができます。工事日調整時に指定をしましょう。

 

移転先

移転元の工事終了後、移転先の開通工事が実施されます。派遣工事の場合には当然、立ち合いが必要になります。

マンションや借家等で前入居者の設備が残っている場合など、ごく稀に無派遣工事の場合があります。その際は、機器が送られてきます。

尚、移転の場合もインターネットの初期設定が必要になります。設定に関しては後述します。

 

工事費と手数料

通常の工事費と手数料は下記のようになります。

尚、工事費は移転先でしか発生しません。移転元で派遣工事が必要な場合も不要です。

手続き
(事務手数料)
タイプ派遣無派遣
NTT東西管内の移転
(手数料2,000円)
戸建て9,000円2,000円
マンション7,500円2,000円
NTT東西間移転
(手数料2,000円)
戸建て18,000円2,000円
マンション15,000円2,000円
※金額は税抜きです。
※工事日が土日祝の場合は、上記手数料と工事費以外に3,000円が加算されます。
※NTT東西管内の移転とは、NTT東日本・西日本エリアを跨がない手続きです。
※NTT東西間移転とは、NTT東日本⇔西日本エリアを跨ぐ手続きです。

 

 

移転工事費は、恐らくキャンペーン対象外となりますが念の為、ドコモショップやインフォメーションセンターへ確認しましょう。ドコモ光サービスセンターでは、工事日程や内容は分かってもキャンペーンや工事費は分かりません。

ここが、ややこしい所ですね・・・

 問い合わせ先
工事費やキャンペーンドコモショップ又は、インフォメーションセンター
工事内容と日程ドコモ光サービスセンター

 

 

そして、ひかり電話やドコモ光テレビオプションを利用中の方!!!

工事費は、上記とは別に発生します。又、テレビはエリアによって継続利用ができない可能性もあります。手続き時は必ずオプションサービスがどうなるのかという事を、工事日調整の段階で確認しておきましょう。

 

■関連記事

 

 

プロバイダ変更手数料は?

ドコモ光提携プロバイダの中には、下記のように地域限定の事業者が存在します。

移転時もプロバイダを変更する際は、プロバイダ変更手数料3,000円(税抜)がかかりまが、引っ越し先がプロバイダのサービス提供エリア外であれば手数料は不要です。

尚、プロバイダ選びに悩まれている方は下記記事をご確認ください。

 

■参考記事

 

この記事は、プロバイダの通信速度(IPv6接続)からオプションサービス、プロバイダの選び方までをまとめています。但し、セキュリティ等のキャンペーンについてはドコモ光新規契約だけが対象となる可能性もあるので、詳細はプロバイダまでご確認ください。

 

設定サポートの無料期間は?

引っ越し手続き時には、再度インターネットの接続設定が必要になります。

ドコモ光には、ネットトータルサポート(旧リモートサポート)という設定サポートがあります。このサービスは月額500円(税抜)かかりますが初回31日間は無料で利用することができます。

では、移転手続きの際は、無料で利用できるのか?

窓口に問い合わせたところ、ネットトータルサポートに加入履歴が無ければ対象になるとの事。

ネットトータルサポートは2017年5月にリモートサポートから名前とサービス内容を変更しました。つまり、旧リモートサポート時代に加入及び、解約をしていてもネットトータルサポートになってから加入していなければ無料期間は適用されます。

 

■参考記事

 

まとめ

引っ越しってなにかとやる事が多いです。

しかし、忙しいからと言って後回しにすると、引っ越し先でインターネットが使えない期間が発生する恐れがあります。申込だけでも先に済ませておけば、多少のリスクは回避できると思います。

引っ越し先で、爽やかな新生活を迎える為にも、早め早めの行動を心掛けましょう!!!

 

ドコモ光のお得なキャンペーン

ドコモ光のキャンペーンは、ドコモ光が行うキャンペーンと代理店等が行うキャンペーンの2種類があります。そして、後者はプロバイダやオプションサービスの有無により、キャッシュバック金額が異なります。

また、インターネット業界は繁忙期になると、ドコモショップ等の申し込み窓口は混雑が予想されるので、自宅に居ながら完結できるWeb申し込みがお薦めです。

 

▼Web申込のメリットとお得な入会キャンペーン▼

 

また、ドコモ光ユーザーと相性の良いdカード GOLDというクレジットカードがあります。主なメリットは以下のようになります。

  • docomoの料金対して10%のポイントの還元率
  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

ドコモ光ユーザーがdカード GOLDを持つべき理由を徹底解説

更に、2018年7月1日以降の申し込みで、最大13,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードです。

入会特典詳細

 

▼ドコモ光ユーザーなら必須のカード▼

 

▼ドコモ光の手続き総合ページ▼

 

▼プロバイダ選びに悩まれたら・・・▼

 

スポンサーリンク

-ドコモ光, 新規

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ドコモ光でDTIをプロバイダにするとメリットだらけ?v6プラス対応ルーターも無料?

ドコモ光、提携プロバイダの「DTI」。 タイプAなのでタイプBに比べて月額料金は200円安くなります。  戸建てマンション タイプA5,200円 (6,700円)4,000円 (5,000円 …

ドコモ光のプロバイダ!楽天ブロードバンドの速度は遅いと評判?メリットは料金?

ドコモ光のプロバイダ「楽天ブロードバンド」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。 今回は「楽天ブロードバンド」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスに …

ドコモ光のプロバイダ @TCOMはサポートが秀逸?速度・サービスの評判は?

ドコモ光タイプBプロバイダ「@TCOM(アットティーコム)」。 月額料金はタイプAのプロバイダに比べて200円高くなります。  戸建てマンション タイプA5,200円 (6,700円)4,0 …

ドコモ光ミニ!工事費やプラン変更等の手続きと注意事項!光複数割やセット割は適用?

2016年3月1日よりドコモ光ミニというプランが開始されました。内容はフレッツ光のライトプランと同様で主に、インターネットを使わない方向けのサービスです。 では、ドコモ光ミニとは具体的にどんな人にお薦 …

ドコモ光の料金は安くない?フレッツ光・他社コラボとの違いは?契約中や申込前の方必見の手続き完全ガイド!

ドコモ光を契約中及び、申込を検討中の方に対しての総合ページです。 新規・移転・転用・解約等の手続き、オプションサービスやプロバイダ事業者の通信速度やメリットについてもまとめています。皆様がドコモ光を利 …

ドコモ光でWi-Fiが無料?無線LANカードとルーターのレンタルはどっちがお薦め?

ドコモ光で無線環境(Wi-Fi)を作るには3つの方法があります。 無線LANカードレンタル ルーターを購入 プロバイダからルーターを無料レンタル そして、お薦めは3番目のプロバイダからルーターをレンタ …

ドコモ光のプロバイダでおすすめは4社!理由と選び方をランキング形式で徹底解説!

この記事は、提携プロバイダ全社に電話連絡のうえ3ヵ月に1度更新しています。 ドコモ光の提携プロバイダは26社(現在、申し込みができるのは25社)もあり、選択に迷われる方も多いと思います。結果、大手だか …

ドコモ光でhi-hoをプロバイダにするメリット・デメリット!ルーターが無料ってホント?

ドコモ光タイプAプロバイダ「hi-ho」。 タイプBに比べて月額料金が200円安くなります。  戸建てマンション タイプA5,200円 (6,700円)4,000円 (5,000円) タイプ …

ドコモ光電話まとめ!工事費や番号引き継ぎ・他社からの移行は可能?料金請求はどこから?

2015年2月に始まったドコモ光。 当初は固定電話サービスを提供していませんでしたが、2016年4月よりインターネットの後を追い「ドコモ光電話」が開始されました。 この記事では、ドコモ光電話とは何か? …

ドコモ光で「01光コアラ」をプロバイダにするメリット・デメリットまとめ!

ドコモ光のタイプAプロバイダ「01光(ゼロワン)コアラ」。九州に拠点を置くISP事業者です。 月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。 今回は「01光コアラ」の通信速度やメリット・ …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。記事を書く際は、直接企業に問い合わせを行う為、オリジナル性は高いと自負しています。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。