【2019年6月版】ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンはGMO・ぷららがお得?

ドコモ光

ドコモ光のキャンペーンは、ドコモ光が行うキャンペーンと代理店等が行うキャンペーンの2種類があります。

この記事では、プロバイダやオプションサービスの有無によりどの窓口から申し込むのが1番お得かキャッシュバックキャンペーンの詳細と共に解説しています。

また、ドコモショップ等は混雑が予想されるので、自宅に居ながら完結できるWeb申し込みがお薦めです。そのメリットについてもまとめています。

Web申し込みのメリット

ドコモ光の申し込みはドコモショップに来店して手続きをするのが一般的ですが、ご存知の通りドコモショップって混雑していること多くないですか?特に休日ともなればお客様の数は倍増します。

又、携帯電話の手続きと異なり大抵の場合は、ドコモ光サービスセンターと工事日の調整を行う必要があります。ドコモ光サービスセンターは繋がりにくいコールセンターの一つ。来店しての手続きとなると、せっかくの貴重な休みの大半を費やしてしまうかもしれません。

そんな方に朗報なのがWeb申し込みです。Webからであればお申し込みフォームに必要事項を入力して担当者からの連絡を待つだけです。

忙しくてなかなか時間が取れない方や休日を有効活用したい方は、Webからの申し込みがお薦めです。

 

Web申し込みの注意点

窓口をご紹介する前に簡単に注意点をまとめてみます。大事なことは下記3点です。

  • 折り返し希望日時のメモ
  • キャッシュバック希望の旨を電話にて申告
  • プロバイダの選択

Web申し込み後は、希望の日時に担当者から電話連絡があります。折り返し連絡は忘れがちなので希望の日時を入力したらメモをとるようにしましょう。繁忙期になると工事日が埋まり易いためコンタクトが遅れる分、開通も遅くなってしまいます。

そして、窓口によっては電話にてキャッシュバックの申告が必要な場合もあります。よって、必要有無に関わらず確実にキャッシュバックを受け取るためにも、条件確認を行いましょう。

また、プロバイダについても電話連絡時に申告が必要です。プロバイダ選びに悩まれている方は、下記記事を参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダでおすすめは3社!理由と選び方をランキング形式で徹底解説!
ドコモ光の提携プロバイダは24社(So-net for ドコモ光は2019年6月30日でサービスを終了します)もあり、選択に迷われる方も多いと思います。結果、大手だからという理由だけで契約してしまう方もいるかもしれません。 しかしなが...

 

キャンペーン

ドコモ光のWeb申し込みは、窓口によりキャンペーン内容が異なります。

そして、プロバイダやオプションサービスの有無によりキャッシュバックが受けられるか否かも違いますので、窓口ごとのキャンペーンについて解説していきます。

大前提として転用・新規という手続きによりキャッシュバック金額は異なります。 転用申込とは現在フレッツ光を利用中の方がドコモ光へ切り替える手続き。新規申込とは、フレッツ光・ドコモ光を未契約の方が新たにドコモ光を契約する手続きのことです。

今だけ工事費が無料

新規申込時、通常は下記工事費が発生します。

 派遣工事無派遣工事
戸建て18,000円2,000円
マンション15,000円2,000円

しかし、2019年6月1日移行にドコモ光申込および、7か月以内に利用を開始すると工事費が無料になります。

尚、転用の場合は一部(200Mbps→1Gbpsの場合は2,000円)を除き、工事費は無料になります。

 

■参考記事

フレッツ光からドコモ光への転用まとめ!設定や工事は必要?乗換時の違約金や手数料まで徹底解説!
フレッツ光からドコモ光への転用についてまとめてみました。 この記事では、そもそも転用?光コラボレーションて何?という疑問からドコモ光のメリットや転用時の工事や設定、申し込み方法までを徹底解説しています。 転用とは・・・ 転...

 

ドコモ光の共通キャンペーン

2019年6月1日以降の申し込みで新規申し込みなら10,000円分。転用なら5,000円分のdポイントをドコモ光開通の翌々月に獲得できます。

適用の条件は、、、

  • 2年定期契約プランでの申し込み
  • 申込月を含む7ヵ月以内のドコモ光開通
  • ドコモ光契約者がdポイントクラブ会員である事

 

現金等のキャッシュバックキャンペーン比較

現金等のキャッシュバックが受けられるキャンペーンの解説です。対象となるのは下記4社のプロバイダと代理店です。尚、代理店は他にもありますが、この記事ではネットナビのキャンペーンを対象としています。

 付加サービス金額
GMO・ひかりTV for docomo
・DAZN for docomo
20,000円
・ひかりTV for docomo18,000円
・DAZN for docomo15,000円
5,500円
ぷらら15,000円
DTI15,000円
So-net15,000円
ネットナビ光電話は必須。追加でスカパー・ひかりTVのいずれか1つ15,000円弱
光電話・スカパー・ひかりTVのうちいずれか1つ7,000円弱
5,000円弱
※家電量販店(ビッグカメラの一部店舗等)では、公式・プロバイダよりもお得なキャンペーンを実施している場合があります。
※So-net for ドコモ光は2019年6月30日でサービスを終了します。

 

GMOとくとくBB

ドコモ光タイプAプロバイダ「GMOとくとくBB」のHPから申し込む方法です。GMOとくとくBBは、提携プロバイダの中で1番にお薦めできる事業者です。メリット・デメリットは下記のようになります。

メリットデメリット
・GMOのHPから申込で最大20,000円還元
・「v6プラス」で速度UP
・速度が遅ければ100円分のポイント還元
・「V6プラス」対応ルーターが無料
・通信速度の評価が高い
・メールアドレスが15個とNo.1
・セキュリティが12ヵ月間無料
・セキュリティの対象OSが豊富
・訪問サポートが初回無料
・電話サポートがない

GMOは、通信速度にかなり、重点をおいたプロバイダです。

「v6プラス」を採用した実際の通信速度は勿論のこと、その技術に対応したハイスペックルーターの無料レンタルを実施。更には、通信速度が遅ければ100円分のポイント還元を行っているところは、自信のあらわれと言えます。正にヘビーユーザーにはもってこいのプロバイダだと思います。

又、調べていて、他の提携プロバイダよりもドコモ光に対する熱意が強いと感じました。

ドコモ光提携プロバイダの大半は、自社コラボを独自で提供している事業者です。そうなれば、やはりプロバイダのみの提供より、自社コラボに加入してもらった方が、利益は格段に大きくなります。

一方で「GMOとくとくBB」は、自社コラボを提供していない為、他社よりドコモ光加入者に対するサービスの質が良くなるのは当然といえるでしょう。よって上記に挙げたような、他社を圧倒する付加サービスの提供ができると思います。

現在は、付加サービスの加入は必要ですが、GMOのホームページから申し込むと最大で20,000円がキャッシュバックされます。

 

ぷらら

ドコモ光タイプAプロバイダ「ぷらら」は、2018年8月1日より「v6エクスプレス」に対応。更に高性能ルーターの貸し出しも開始とメリットの豊富なプロバイダです。

メリットデメリット
・ぷららのHPから申し込みで15,000円還元
・「v6エクスプレス」で速度UP
・「v6エクスプレス対応ルーター」が無料
・通信速度の評価が高い
・1,200円分のフリーチケットが貰える
・セキュリティが24ヵ月間無料
・セキュリティの対象OSが豊富
・電話サポートが永年無料
・訪問サポートが初回無料
・無料のメールアドレスが1個のみ
(フリーチケットで7個まで追加可能)

唯一のデメリットとして提供メールアドレス数が挙げられますが、フリーチケットで無料追加も可能です。
フリーチケットは、メールアドレスに限らず自分に必要なオプションを1,200円分使えることを考えると、実質的に提携プロバイダの中で料金は最安ということになります。

反面、メリットは豊富すぎます。

通信速度においては、常に上位をキープしていますし「v6エクスプレス(IPv4 over IPv6)」への対応で評判もうなぎ上りです。

 2018年8月2018年11月2019年2月
1位ASAHIネットGMOとくとくBBGMOとくとくBB
2位BIGLOBESo-netBIGLOBE
3位GMOとくとくBBぷららASAHIネット
4位OCNBIGLOBESo-net
5位ぷらら@niftyOCN
※So-net for ドコモ光は2019年6月30日でサービスを終了します。

また、セキュリティソフトは1ライセンスで3台まで。尚且つ、無料期間は24ヵ月と提携プロバイダの中でトップクラスです。

そして、訪問サポートは1回。電話サポートに至っては回数を問わず永年無料ですし、サポート範囲にひかりTVやdTVの視聴接続設定が含まれているので、設定が不安な方にとっては大きな魅力です。

更には、「v6エクスプレス」に対応した高性能ルーターの無料貸し出しと、GMOと違いオプションサービスの加入有無に関わらず貰える15,000円のキャッシュバックを開始した今、サービス面で「ぷらら(plala)」の右に出る事業者もいなくなりました

プロバイダに迷われているのなら「ぷらら一択」です。

プロバイダを「ぷらら」にするならキャッシュバックが貰える公式サイトから申し込みましょう。

Plala ドコモ光

DTI

ドコモ光タイプAプロバイダ「DTI」のメリット・デメリットは以下のようになります。

メリットデメリット
・DTIのHPから申し込みで15,000円還元
・「v6プラス」で速度UP
・「V6プラス」対応ルーターが無料
・セキュリティが12ヵ月間無料
・セキュリティの対象OSが豊富
・メールアドレス数が10個と豊富
・リモートサポートが永年無料
・訪問サポートが初回無料
・速度の評価が悪い

DTIは、通信速度に対する評価があまりよくありません。原因の1つとして考えられるは、通信速度の大幅な改善が見込める「v6プラス」に非対応だったことです。

しかしながら、2018年9月より「v6プラス」の提供を開始。更には対応した高スペックルーターの無料貸し出しも行っている為、評判が向上するのは時間の問題だと思います。

また、メールアドレスも最大10個まで利用できますし、セキュリティソフトも12ヵ月間無料でMacやiOSにも対応しています。

極めつけは入会特典です。オプションサービスの加入も不要で現金15,000円。ひかりTV for docomoを同時申し込みすると18,000円がキャッシュバックされるので、メリット・デメリットを考えるとDTIは間違いなくお薦めできる事業者です。

プロバイダを「DTI」にするならキャッシュバックが貰える公式サイトから申し込みましょう。

 

ドコモ光・docomoユーザーは必見!dカード GOLDの魅力

ドコモ光ユーザーと相性の良いdカード GOLDというクレジットカードがあります。主なメリットは以下のようになります。

  • docomoの料金対して10%のポイントの還元率
  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

更に現在は、最大15,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードです。