Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドコモ光 プロバイダ

ドコモ光のプロバイダ @TCOMはサポートが秀逸?速度・サービスの評判は?

投稿日:2017年11月23日 更新日:

ドコモ光タイプBプロバイダ「@TCOM(アットティーコム)」。

月額料金はタイプAのプロバイダに比べて200円高くなります。

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です
※料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。

また「@TCOM」は、ドコモ光提携プロバイダ26社中12社が対応している「IPv4 over IPv6」に非対応なのでオプションサービスを充実させたいなら別プロバイダを選択すべきです。

▼タイプAでv6プラス対応のお薦めプロバイダ▼

ただ、「@TCOM」はサポート面でとても好感のもてるプロバイダだと個人的に思います。その理由を、実際に問い合わせを行ったときの経緯踏まえ、まとめます。

通信速度

 5段階評価下りの平均速度
2017年11月評価無236Mbps
(2位/13位中)
2018年2月評価無136Mbps
(8位/13位中)
2018年5月評価無168Mbps
(6位/13位中)
2018年8月評価無140Mbps
(8位/12位中)
※5段階評価は、価格.comの口コミを参考にしています。
※下りの平均速度は、Radishみんなの測定結果を参考にしています。

 

価格.comの口コミ内容に関しては1年以上、更新が無く2018年5月時点で数値としての評価ができません。

Radishみんなの測定結果の下り平均速度は、毎回100Mbps以上ですが、数値の振れ幅は下記のようにかなり大きいです。

  • 1位→「419.5Mbps」
  • 最下位→「0.4Mpbs」

後述するIPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)にも非対応の為、速度に関しては不安定な印象を受けます。

 

IPv6 PPPoE対応

IPv6接続とは次世代の通信技術。

IPv6接続に対応していれば通信速度が改善される場合があります。但し、大幅な速度改善が見込めるのは下記表③のIPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)だけです。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
@TCOM
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
DTI
※対応ISPは2018年8月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。
※BB exciteは、ドコモ光ではなくexcite MEC光利用時のみ「IPv4 over IPv6」に対応済です。

 

「@TCOM」は2018年8月現在、上記表①のIPv6 PPPoEへの対応しかしていないため、通信速度の改善は見込めない状態です。

尚、下記参考記事では、ドコモ光でIPv6接続とは何か?ということから対応しているISP事業者まで徹底解説しています。

 

オプションサービス

メールアドレスは無料で1つ

メールアドレスは標準で1つ利用できます。追加を希望の場合には最大で10個まで。2つ目以降は月額100円(税抜)の費用がかかります。

 

セキュリティが最大6ヵ月無料

下記セキュリティソフトを最大6ヵ月間無料で利用できます。

TOKAI SAFE
月額料金400円(税抜)
1ライセンス6台
対象OSWindows、Mac、Android、iOS

 

設定サポート

FOR YOU

月額500円(税抜)で電話又は、リモート(遠隔)にて設定をサポートしてもらえるサービスです。

工事完了月は無料で利用できます。料金面では変わりませんが、サポートの幅を選定基準に加えるとドコモ光のネットトータルサポートに軍配が上がります。

 

訪問サポート

上述した「FOR YOU」の加入者は、訪問サポート料金から2,000円の割引が適用されます。

訪問サポートの料金はコチラです。

 

■参考記事

 

オペレーターの方が魅力的

個人的な感想になるのですが@TCOMに電話した際、オペレーターの方の対応がとても素晴らしかった事を覚えています。(最近は電話が繋がりにくいです・・・)

なんというか表現が事務的でなく凄く感情的なんです。

電話が繋がった時には、とにかく「お待たせし過ぎて申し訳ない」を連発。大手に比べればそんなに待たせれていませんが「し過ぎて」がツボに入りました。

要所要所では、圧倒的なクッション言葉。クッション言葉って「さようでございます」とか「仰る通りでございます」とかじゃないですか?この方は違いました。「こんな@TCOMを宜しくお願いします」を頻繁にはさんでくる。

そして電話を終える時には「@TCOMを使ってくれたら嬉しい限りです」と・・・

愛社精神が強いのか。それともお客様への対応に信念を持っているのか分かりませんが、言葉に魂が込められていました。

若干、話し方が遠回りしすぎる部分もありましたが電話を終えた後とてもいい気持ちになりましたし、プロバイダを@TCOMに変更しようかな?と、そんな想いが芽生えてきました。

特にサービスの質にこだわらないよ。という方は@TCOMの利用を検討してみてはいかがですか?(笑)

 

解約時の手続き

ドコモ光解約時は、自動解約とならず月額300円(税抜)のオプションサービス「My@Tcom」へ自動移行となります。必要がない場合には、必ず解約手続きを行いましょう。

又、メールアドレス継続希望の場合には「My@Tcom(月額300円)」で1つ利用でき、2つ目以降は追加で月額100円(税抜)の料金がかかります。

 

■参考記事

 

@TCOMのメリット・デメリット

@TCOMを利用するメリット・デメリットは下記点が挙げられます。

メリットデメリット
・セキュリティが6ヵ月間無料で対応OS等が幅広い
・オペレーターの対応が親切
・タイプBなので月額料金が200円高い
・通信速度の振れ幅が大きく不安定
・解約時、有料プランへ自動移行
・電話がつながりにくい

 

通信速度に関しては、振れ幅が大きく時間帯・場所等により、かなり不安定になる可能性があります。また、ドコモ光解約時に有料プランへ自動移行となる点もデメリットです。万が一、解約する場合は手続きを忘れないようにしましょう。

ちなみに、最近はコールセンターも繋がりにくいです。

メリットとしてはセキュリティソフトが挙げられます。無料期間を設けいてるプロバイダは多いですが最大6端末まで利用でき、尚且つMacやiOSまで対象となるのは@TCOMとTNCだけです。

また、オペレーターの方の対応も@TCOMの大きな魅力の一つです。問い合わせ時にとても好感がもてたました。トラブル時に一番、親身になって対応してもらえるプロバイダだと思います。

ただ、タイプBプロバイダなのでタイプAに比べて月額料金が200円高くなりますし、ドコモ光提携プロバイダ26社中12社が対応済みの「IPv4 over IPv6」にも非対応の為、サポートで無くオプションサービスを重要視するならGMOとくとくBBがお薦めです。

 

▼プロバイダ選びに悩まれたら・・・▼

 

また、ドコモ光ユーザーと相性の良いdカード GOLDというクレジットカードがあります。主なメリットは以下のようになります。

  • docomoの料金対して10%のポイントの還元率
  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

ドコモ光ユーザーがdカード GOLDを持つべき理由を徹底解説

更に、2018年7月1日以降の申し込みで、最大13,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードです。

入会特典詳細

 

▼Web申込のメリットとお得な入会キャンペーン▼

 

▼ドコモ光ユーザーなら必須のカード▼

 

▼ドコモ光の手続き総合ページ▼

 

スポンサーリンク

-ドコモ光, プロバイダ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ドコモ光のプロバイダでおすすめは4社!理由と選び方をランキング形式で徹底解説!

この記事は、提携プロバイダ全社に電話連絡のうえ3ヵ月に1度更新しています。 ドコモ光の提携プロバイダは26社(現在、申し込みができるのは25社)もあり、選択に迷われる方も多いと思います。結果、大手だか …

ドコモ光、トラブル時はどこに電話をかける?事例ごと(知恵袋引用)の問い合わせ先一覧!

ドコモ光で、トラブルが発生した時、迷うのが問い合わせ先。「ドコモで請求を一つにしたんだから、ドコモショップへ連絡しよう・・・」間違いではありませんが、問題解決にならない場合もあります。 挙句の果てに、 …

【2018年10月版】ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!Web申し込みのメリットは?

ドコモ光のキャンペーンは、ドコモ光が行うキャンペーンと代理店等が行うキャンペーンの2種類があります。 この記事では、プロバイダやオプションサービスの有無によりどの窓口から申し込むのが1番お得かキャッシ …

ドコモ光のプロバイダ「U-Pa!(U-NEXT)」が2018年5月22日で申込受付終了!手続きはお早めに!

U-Pa! for ドコモ光サービスは2018年5月22日で新規及びプロバイダ変更受付が終了。2019年3月31日でサービスも終了します。 現在、プロバイダをU-Pa!にされている方は、プロバイダ変更 …

フレッツ光からドコモ光への転用まとめ!設定や工事は必要?乗換時の違約金や手数料まで徹底解説!

フレッツ光からドコモ光への転用についてまとめてみました。 この記事では、そもそも転用?光コラボレーションて何?という疑問からドコモ光のメリットや転用時の工事や設定、申し込み方法までを徹底解説しています …

ドコモ光のプロバイダ ドコモnet!速度の評判はIPv6対応で改善?でもルーターが・・・

ドコモ光の専属プロバイダ「ドコモnet」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。  戸建てマンション タイプA5,200円 (6,700円)4,000円 ( …

ドコモ光のネットトータルサポート(旧リモートサポート)は必要?解約方法や電話番号は?

2017年5月よりドコモ光のリモートサポートが「ネットトータルサポート」と名称を変更しました。 今回は、その概要や解約時の手続きについてまとめてみました。     目次1 ネットト …

ドコモ光でWi-Fiが無料?無線LANカードとルーターのレンタルはどっちがお薦め?

ドコモ光で無線環境(Wi-Fi)を作るには3つの方法があります。 無線LANカードレンタル ルーターを購入 プロバイダからルーターを無料レンタル そして、お薦めは3番目のプロバイダからルーターをレンタ …

ドコモ光のプロバイダ BB.exciteがお薦めできない?メールサービスも9月18日まで・・・

ドコモ光タイプAプロバイダ「BB.excite」。 タイプBに比べて月額料金が200円安くなります。  戸建てマンション タイプA5,200円 (6,700円)4,000円 (5,000円) …

ドコモ光のプロバイダ!タイガースネット(Tigers-net.com)のメリット・デメリットまとめ!

ドコモ光のタイプAプロバイダの「Tigers-net.com」。お察しの通り、阪神タイガース公認のISP事業者。 月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。今回は「Tigers-ne …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。記事を書く際は、直接企業に問い合わせを行う為、オリジナル性は高いと自負しています。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。