ドコモ光 プロバイダ

ドコモ光で@TCOM(アットティーコム)をプロバイダにするメリット・デメリット!速度やサポートの評判は?

投稿日:2017年11月23日 更新日:

ドコモ光タイプBプロバイダ「@TCOM(アットティーコム)」。

月額料金はタイプAのプロバイダに比べて200円高くなります。

今回は「@TCOM」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめてみました。

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です
※料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。
スポンサーリンク

通信速度

 5段階評価下りの平均速度
2017年5月2.09
(13位/15位中)
202Mbps
(1位/13位中)
2017年8月2.00
(12位/15位中)
145Mbps
(5位/13位中)
2017年11月評価無236Mbps
(2位/13位中)
2018年2月評価無136Mbps
(8位/13位中)
2018年5月評価無168Mbps
(6位/13位中)
※5段階評価は、価格.comの口コミを参考にしています。
※下りの平均速度は、Radishみんなの測定結果を参考にしています。

 

価格.comの口コミ内容に関しては1年以上、更新が無く2018年5月時点で数値としての評価ができません。

Radishみんなの測定結果の下り平均速度は、毎回100Mbps以上ですが、数値の振れ幅は下記のようにかなり大きいです。

  • 1位→「419.5Mbps」
  • 最下位→「0.4Mpbs」

後述するIPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)にも非対応の為、速度に関しては不安定な印象を受けます。

 

IPv6対応状況

IPv6接続とは次世代の通信技術。

IPv6接続に対応していれば通信速度が改善される場合があります。但し、大幅な速度改善が見込めるのは下記表③のIPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)。通称v6プラスだけです。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
DTI
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
@TCOM
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
※対応ISPは2018年5月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。

 

「@TCOM」は2018年5月現在、上記表①のIPv6 PPPoEへの対応しかしていないため、通信速度の改善は見込めない状態です。

尚、下記参考記事では、ドコモ光でIPv6接続とは何か?ということから対応しているISP事業者まで徹底解説しています。

 

■参考記事

 

オプションサービス

メール

メールアドレスは標準で1つ利用できます。追加を希望の場合には最大で10個まで。2つ目以降は月額100円(税抜)の費用がかかります。

 

セキュリティ

下記セキュリティソフトを最大6ヵ月間無料で利用できます。

TOKAI SAFE
月額料金400円(税抜)
1ライセンス6台
対象OSWindows、Mac、Android、iOS

 

設定サポート

FOR YOU

月額500円(税抜)で電話又は、リモート(遠隔)にて設定をサポートしてもらえるサービスです。

工事完了月は無料で利用できます。料金面では変わりませんが、サポートの幅を選定基準に加えるとドコモ光のネットトータルサポートに軍配が上がります。

 

訪問サポート

上述した「FOR YOU」の加入者は、訪問サポート料金から2,000円の割引が適用されます。

訪問サポートの料金はコチラです。

 

■参考記事

 

解約時の手続き

ドコモ光解約時は、自動解約とならず月額300円(税抜)のオプションサービス「My@Tcom」へ自動移行となります。必要がない場合には、必ず解約手続きを行いましょう。

又、メールアドレス継続希望の場合には「My@Tcom(月額300円)」で1つ利用でき、2つ目以降は追加で月額100円(税抜)の料金がかかります。

 

■参考記事

 

@TCOMのメリット・デメリット

@TCOMを利用するメリット・デメリットは下記点が挙げられます。

メリットデメリット
・セキュリティが6ヵ月間無料で対応OS等が幅広い
・オペレーターの対応が親切
・通信速度の振れ幅が大きく不安定
・解約時、有料プランへ自動移行
・電話がつながりにくい

 

通信速度に関しては、振れ幅が大きく時間帯・場所等により、かなり不安定になる可能性があります。また、ドコモ光解約時に有料プランへ自動移行となる点もデメリットです。万が一、解約する場合は手続きを忘れないようにしましょう。ちなみに、最近はコールセンターも繋がりにくいです。

メリットとしてはセキュリティソフトが挙げられます。無料期間を設けいてるプロバイダは多いですが最大6端末まで利用でき、尚且つMacやiOSまで対象となるのは@TCOMとTNCだけです。

また、オペレーターの方の対応も@TCOMの大きな魅力の一つです。詳しくは後述しますが、問い合わせ時にとても好感がもてたました。トラブル時に一番、親身になって対応してもらえるプロバイダだと思います。

 

オペレーターの方が魅力的・・・

個人的な感想になるのですが@TCOMに電話した際、オペレーターの方の対応がとても素晴らしかった事を覚えています。(最近は電話が繋がりにくいです・・・)

なんというか表現が事務的でなく凄く感情的なんです。

電話が繋がった時には、とにかく「お待たせし過ぎて申し訳ない」を連発。大手に比べればそんなに待たせれていませんが「し過ぎて」がツボに入りました。

要所要所では、圧倒的なクッション言葉。クッション言葉って「さようでございます」とか「仰る通りでございます」とかじゃないですか?この方は違いました。「こんな@TCOMを宜しくお願いします」を頻繁にはさんでくる。

そして電話を終える時には「@TCOMを使ってくれたら嬉しい限りです」と・・・

愛社精神が強いのか。それともお客様への対応に信念を持っているのか分かりませんが、言葉に魂が込められていました。

若干、話し方が遠回りしすぎる部分もありましたが電話を終えた後とてもいい気持ちになりましたし、プロバイダを@TCOMに変更しようかな?と、そんな想いが芽生えてきました。

特にサービスの質にこだわらないよ。という方は@TCOMの利用を検討してみてはいかがですか?(笑)

 

■参考記事

 

ドコモ光のお得なキャンペーン

ドコモ光のキャンペーンは、ドコモ光が行うキャンペーンと代理店等が行うキャンペーンの2種類があります。そして、後者のキャンペーンはプロバイダやオプションサービスの有無により、キャッシュバック金額が異なります。その詳細を下記参考記事にてまとめています。

また、ドコモショップ等の申し込み窓口は混雑が予想されるので、自宅に居ながら完結できるWeb申し込みがお薦めです。そのメリットや注意点についても解説しています。

 

ドコモ光・docomoユーザーは必見!dカード GOLDの魅力

dカード GOLDというクレジットカードがあります。このカードは年会費が10,800円(税込)かかるため敬遠されがちですがdocomoの利用代金に対して10%

10,000円につき1,000円分のポイントが還元されます。

つまり、携帯電話料金が年間108,000円。月々9,000円以上であれば年会費分は取り戻せる計算になります。ドコモ光の料金はdocomoの携帯電話料金に合算請求されることを考えると「あっという間」ですし、ポイントはドコモの携帯電話料金にも利用できるので用途にも困りません。

ちなみにdポイントは下記に利用ができます。

用途通常ポイント期間・用途限定
実店舗
dマーケット
dケータイ払いプラス
ギフトコ
ドコモ商品
ドコモサービス
(メールストア等)
ケータイ料金支払い×
データ量追加×
スゴ得クーポン×
賞品が当たる抽選×
寄付×
交換商品×
※dカードのポイントは通常ポイントとして付与され、docomoの携帯料金に対しても利用できます。

 

また、3年間で最大10万円の携帯補償も実施しています。

補償内容に多少の差異があってもドコモで携帯補償に加入していれば下記費用がかかるんです。iOSであれば契約しているだけで、dカード GOLDの年会費に近い金額を支払っていることになります。

補償料金負担額の割合
ケータイ補償
(iPhone/iPad)
年9,720円
(月810円)
90%
(9,720÷10,800)
ケータイ補償
(Android)
年6,480円
(月540円)
60%
(6,480÷10,800)
※金額は税込です。

 

ケータイ補償に関しては、補償はあっても利用する機会が無ければ掛け捨てと同じですし、特典はついてきません。

考えてみて下さい。

dカード GOLDはゴールドカード。年会費を払っても10%のポイント還元10万円分の携帯補償も受けられます。更に下記のようなゴールドカードの優待も受けられるんです。

  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国28ヵ所の空港ラウンジ無料利用可

極めつけは、入会特典です。

2018年7月1日以降の申し込みで、最大13,000円分のiDがキャッシュバックされます。docomoユーザーにとっては必須のカードと言ってもいいと思います。

 

▼公式サイト▼

 

 

▼関連記事▼

 

▼ドコモ光の手続き総合ページ▼

 

 

スポンサーリンク

-ドコモ光, プロバイダ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ドコモ光の解約!違約金や工事費・プロバイダは?固定電話はフレッツ光やアナログ回線に戻せるの?

インターネットや電話・テレビ等の通信費が一元化されて便利になった反面、解約するとなると注意事項が増えてしまい身動きがとりづらくなりました。 そして確認を怠ってしまうと思わぬサービスが使えなくなってしま …

ドコモ光と契約プロバイダからの開通案内が届かない?個人情報の管理は徹底しよう!

ドコモ光を契約する際、「設置場所住所」の登録を行います。これは、エリア判定を行う時に必要な住所です。 そしてもう一つ契約時に必要な住所が有ります。それが「契約者住所」です。 設置場所住所と契約者住所に …

【2018年7月版】ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!Web申し込みのメリットは?

ドコモ光のキャンペーンは、ドコモ光が行うキャンペーンと代理店等が行うキャンペーンの2種類があります。 この記事では、プロバイダやオプションサービスの有無によりどの窓口から申し込むのが1番お得かキャッシ …

ドコモ光のプロバイダ!ドコモnetの評判は?IPv6(transix・OCNバーチャルコネクト)対応で速度向上?

ドコモ光の専属プロバイダ「ドコモnet」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。今回は「ドコモnet」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまと …

ドコモ光のネットトータルサポート(旧リモートサポート)は必要?解約方法や電話番号は?

2017年5月よりドコモ光のリモートサポートが「ネットトータルサポート」と名称を変更しました。 今回は、その概要や解約時の手続きについてまとめてみました。   スポンサーリンク

ドコモ光電話まとめ!工事費や番号引き継ぎ・他社からの移行は可能?料金請求はどこから?

2015年2月に始まったドコモ光。 当初は固定電話サービスを提供していませんでしたが、2016年4月よりインターネットの後を追い「ドコモ光電話」が開始されました。 この記事では、ドコモ光電話とは何か? …

ドコモ光でSIS(スピーディア)をプロバイダにするメリット・デメリットまとめ!

ドコモ光のプロバイダ「SIS(スピーディアインターネットサービス)」。 タイプAのプロバイダなのでタイプBより月額料金は200円安くなります。 今回は「SIS」の通信速度やメリット・デメリット、オプシ …

ドコモ光のプロバイダ「TNC(TOKAIネットワーククラブ)」の魅力は生活全般のサポートサービス?

ドコモ光タイプBプロバイダ「TNC」。 提供エリアは静岡県のみと地域密着型のISP事業者です。月額料金はタイプAのプロバイダに比べて200円高くなります。 この記事では、「TNC」の通信速度やメリット …

ドコモ光でエディオンネットをプロバイダにするメリット・デメリット!特徴は?

ドコモ光タイプAプロバイダ「エディオンネット」。 月額料金はタイプBのプロバイダに比べて200円安くなります。今回は「エディオンネット」の通信速度やメリット・デメリット、オプションサービスについてまと …

ドコモ光の料金は安くない?フレッツ光・他社コラボとの違いは?契約中や申込前の方必見の手続き完全ガイド!

ドコモ光を契約中及び、申込を検討中の方に対しての総合ページです。 新規・移転・転用・解約等の手続き、オプションサービスやプロバイダ事業者の通信速度やメリットについてもまとめています。皆様がドコモ光を利 …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。営業経験も長い為、情報を聞き出す事・調べる事には自信を持ってます。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。