クレジットカード ビジネス 三井住友カード

三井住友カードがロック機能付のクレジットカードを発行!対するJCBは手のひらで決済!両者の特徴は?

投稿日:

三井住友カードが米国Dynamics Inc.と提携し、世界初の「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に発行することが発表されました。「ロック機能付き」という時点で既に、セキュリティが強固なイメージが湧いてきますね。

また、2018年2月にはJCBが「生体認証システム」による決済や本人認証の実証実験を2月にJCB青山本社で実施することも発表しています。

若干、畑違いではありますが今後、普及するであろう2つのサービスの特徴とメリット・デメリットになりうる事項を簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

ロック機能付きのカードの特徴

三井住友カードが発行するロック機能付きカードは、LEDボタン、ON・OFFボタン、番号を入力するボタン、液晶が搭載されており、電源を入れて設定したロック解除番号を入力する事で決済ができるようになります。

ロック解除番号はカード受取後に4~8桁のパスワードを2回入力するだけです。Web上での本人認証手続き等が不要なので簡単に設定することができます。

尚、ロックの解除番号は、カード決済時に利用する4桁の暗証番号とは別物です。

 

メリット

メリットは、なんと言ってもセキュリティ面でしょう。

例えカードの盗難に遭ったとしても、ロック解除番号さえ分からなければ決済ができません。世界初の機能なのでカード単体では間違いなく最高水準になるでしょう。

また、ロック機能付きカードはインフラ整備の必要がないことも魅力です。当然といえば当然ですね。利用する店舗側に新たな機器等が必要になれば、世界最高シェア率のVISAブランドも意味がなくなってしまいます。

 

デメリット

反面、デメリットになる可能性として考えらるのは、手間・電池切れのリスクと年会費・再発行の手数料です。

買い物のたびに電源を入れてロック解除番号を入力するのは面倒に感じると思います。

また、電池切れは考えられないですが、従来のクレジットカードより更新の間隔が短くなる可能性はあると思います。気がつけば有効期限切れなんてことも起こりえます・・・

更に、開発・維持費も通常のカードよりは掛かっていると思われるので、年会費だけでなく磁気不良や紛失時の再発行手数料が高くなる可能性は大いにあります。

そうなると、失くすのが怖くて持ち歩く人が少なくなるかもしれませんね・・・

 

手のひら認証の特徴

話は変わりますが、JCBが手のひらで決済できる生体認証システムの実証実験を2018年2月に行います。

手のひら認証とは、スマホで手のひらを撮影しクレジットカード等の情報を登録。後は、決済時に手のひらをかざすだけなので、手ぶらで決済を行えるという革新的な技術です。

経済産業省が推し進める「おもてなしプラットフォーム(Touch & Pay等)」は、類似したサービスで東京オリンピックが行われる2020年の普及を目指している為、JCBとしても目安として考えているのではないでしょうか。

 

メリット

メリットは、なんと言っても手ぶらで決済ができることです。

それにより、クレジットカード自体を持ち歩かなくなる為、スキミングや盗難による不正利用被害を大幅に減らすことができます。

また、クレジットカードだけでなくポイントカードやチケット・電子マネー等にも利用機会を広げることで、レジや改札等の待ち時間から解放される世の中が来るかもしれません。

更には、かざすだけで手続きを終えられる為、スマホ等の操作が苦手な年配の方でも利用しやすく変化を苦手とする日本人でも受け入れやすいのではないでしょうか?

 

デメリット

反面、デメリットとしてはセキュリティ上の懸念です。

手のひら認証は、ユニバーサルロボット株式会社の「可視光手のひら認証技術(掌紋検索+静脈認証)」というものを利用し、他人を受け入れる確率(誤認率)を1000億分の1まで低下させる世界最高レベルの認証精度です。

ただ、1000億分1でも誤認率があると考えれば少し不安になる気もしますね・・・

ですが、新サービスを立ち上げる上でセキュリティ面の課題は避けて通れませんし、万が一なんてあってはならないこと。企業側が利用者よりも深く考えているのは明白なので、そいうった意味では安心できます。

ちなみに現在、経済産業省が推し進める手ぶら決済サービスの一つ「Touch & Pay」は2016年から既に実証実験を行っています。「ハウステンボスマネー」が有名所の一つですね。「Touch & Pay」の誤認率は900億分の1と言われており、数値上ではJCBを下回りますが、今のところ大きな問題等は起こっていないようです。

 

まとめ

以上、2018年に発行される三井住友カードの「ロック機能付きクレジットカード」と2020年までに普及しそうなJCBの「手のひら認証」についてまとめてみました。

仮想通貨・AI・手ぶら決済等、次から次に新しい技術が生まれていきます。素晴らしいと思う反面、時代に取り残されるかも・・・と不安に思う時もあります。

平凡な日常生活を送っている私ですが、常に進化し続ける技術について自分の興味のある部分だけでも勉強していく努力が必要だなぁと改めて感じました。

 

■参考記事

 

スポンサーリンク

-クレジットカード, ビジネス, 三井住友カード


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

ライフカードの解約!退会方法はネットでなく電話連絡を!改悪後おすすめの乗り換え先は?

ライフカードの運用変更により獲得できるポイントや交換レートが一部低下してしまいましたね。それにより解約を検討される方もいらっしゃると思います。 よって今回は、ライフカードの解約手続きと注意事項、そして …

リクルートカードの締め日と引き落とし日(支払い日)の注意事項まとめ!

リクルートカードの締め日と支払日(引き落とし日)の注意事項についてまとめてみました。 記載する内容以外に不明点があれば、お気軽にご質問ください。 スポンサーリンク

Yahoo! JAPANカード(ワイジェイカード)を解約できない?連絡先と注意事項まとめ!

Yahoo! JAPANカードは下記2種類あります。 Yahoo! JAPANカード Yahoo! JAPANカードSuica しかしながら、Yahoo! JAPANカード Suicaは2015年3月 …

三井住友VISAエグゼクティブカードのメリット・デメリット!20代・30代で選び方が違う?

三井住友VISAエグゼクティブカードはクラシックカードとゴールドカードの中間に位置するカードです。 クラシックカードより年会費は上がりますが、その分ショッピング保険の補償範囲が広がりますし、海外旅行傷 …

三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違いは旅行好きかどうか!メリット・デメリットまとめ!

三井住友VISAクラシックカード・クラシックカードAは、三井住友カードが発行する最もスタンダードなクレジットカードです。 しかしながら、同じような名前のカードがあるのはなぜでしょうか? 答えは、利用さ …

UCSカードの締め日と支払日!再引き落としや利用可能額の反映日はいつ? 口座変更にはご注意を!

UCSカードの締め日と支払日の注意事項についてまとめてみました。 この記事を読むと下記事項が分かります。 締め日や支払日等の請求スケジュール 引き落としができなかった時の対処法 口座変更手続きの注意点 …

Amazonの購入・出品用アカウントが乗っ取りにあい不正利用被害が続出?今後の対策は?

Amazonの出品用アカウントを乗っ取られ不正利用される被害が2017年4月より多発しています。 かくいう私もアカウント乗っ取られの被害にあってしまいました。 スポンサーリンク

楽天銀行カードと楽天カードの違いを徹底比較!切り替えで手間が2倍に?メリット・デメリットまとめ!

楽天カードと楽天銀行カードの違いについてまとめてみました。 そもそも違いは何か? 楽天カードはクレジットカード機能のみ。楽天銀行カードはクレジット機能と楽天銀行のキャッシュカードの機能が一体化されてい …

ソフトバンクのVISAプリペイドカード!紛失・盗難・磁気不良の再発行!不正利用被害の補償は?

ソフトバンクが発行するVISAプリペイドカードの紛失や盗難、磁気不良時の再発行手続きや不正利用時の補償についてまとめてみました。 スポンサーリンク

オリコカードの解約方法は?脱会手続きの電話番号や注意事項まとめ!

オリコカードの解約手続きについてまとめてみました。 記載する内容以外に不明点があればお問い合わせください。可能な範囲でお調べさせて頂きます。 スポンサーリンク

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。営業経験も長い為、情報を聞き出す事・調べる事には自信を持ってます。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。