ドコモ光のプロバイダ @niftyのデメリットは?IPv6対応でも速度が遅いと評判に?

ドコモ光

ドコモ光のプロバイダ「@nifty」。

タイプAプロバイダなので月額料金はタイプBより200円安くなります。

 戸建てマンション
タイプA5,200円
(6,700円)
4,000円
(5,000円)
タイプB5,400円
(6,900円)
4,200円
(5,200円)
単独タイプ5,000円
(6,500円)
3,800円
(4,800円)
※金額は税抜です
※料金表()内の金額は、2年定期契約無の場合の料金です。

@niftyは、通信速度の大幅な向上が見込める「v6プラス」を提供しています。ただし、その対応ルーターを「@nifty」が用意していないので、初期費用が発生してしまいます。

そのことを踏まえ、この記事では通信速度の評判やメリット・デメリット、オプションサービスについてまとめます。

通信速度の評価・口コミは?

 5段階評価下りの平均速度
2018年5月2.88
(4位/10位中)
197Mbps
(4位/13位中)
2018年8月2.91
(4位/10位中)
177Mbps
(7位/12位中)
2018年11月2.7
(8位/10位中)
197Mbps
(5位/12位中)
2019年2月2.92
(8位/10位中)
179Mbps
(8位/13位中)
※5段階評価は、価格.comの口コミを参考にしています。
※下りの平均速度は、Radishみんなの測定結果を参考にしています。

 

価格.comは、酷評が多かったのですが後述する「v6プラス」への切り替えで評判が改善してきています。

2019/3/5:可もなく不可もなく、ストレスはありません。

2019/2/18:メールの送受信~HP閲覧~youtubeの試聴まではなんの問題も無く可能です。

2018/11/16:PPPoEで400M~数Mと落差が大きいが、V6プラスで安定的に常時180M程。
必要十分です。

2018/10/18:あまりの遅さ(1Mbps以下)に耐え兼ね、1年前の2017年10月にv6プラスへ変更。
v6プラスにしてからは満足してます。(最遅でも常時100Mbps超え)

 

Radishみんなの測定結果における口コミ評価も不満が多いです。

2019/3/3:何これ?1Gbps契約で40Mbpsって、最低。

2018/11/30:無線で526Mbps。

2018/10/15:混雑する時間帯は1Mbpsしか出ない

2018/9/20:あまりにも酷すぎる。早朝でも25~30Mbpsがやっと・・・

特にゴールデンタイムと呼ばれる混雑時間の速度の振れ幅が@niftyは大きい部類に入ります。

プロバイダ
(関連記事)
オールタイム
ゴールデンタイム速度差
ぷらら1691609
So-net
(~2019/6/30)
25118764
BIGLOBE265119146
DTI18112853
BB.excite21915267
hi-ho(ハイホー)1166056
GMOとくとくBB355196159
ASAHIネット258294-36
@nifty17913049
@TCOM16211448
OCN236318-82
WAKWAK(ワクワク)1095455
※20時~2時をゴールデンタイムとして集計しています。
※2019年2月時点の集計結果です。
※So-net for ドコモ光は2019年6月30日でサービスを終了します。

 

 

ただ、全体を通して高い水準は維持している為、速度に関しては、引き続きお薦めができる事業者の一つだと思います。

 

v6プラスで速度改善?

IPv6接続に対応しているが通信速度は速くなるのか?

答えは「Yes」です。

@niftyは、ドコモ光提携プロバイダの中でもIPv6接続により速度向上が見込める事業者の一つです。理由は下記表③のIPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)。通称v6プラスに対応しているから。

IPv6接続は大まかに下記3種類に分けられ、対応しているプロバイダも異なります。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
(~2019/6/30)
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
DTI
@TCOM
※対応ISPは2019年2月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。
※BB exciteは、ドコモ光ではなくexcite MEC光利用時のみ「IPv4 over IPv6」に対応済です。
※So-net for ドコモ光は2019年6月30日でサービスを終了します。

 

IPv6接続方式の中で通信速度の向上が見込めるのは上記表の②と③です。

では違いは何なのか?

それはIPv6接続に対応していないWebサイトでも速度が変わるか否かです。

②はIPv6接続に対応しているWebサイト以外で速度は改善されません。対する③は対応していないWebサイトでも通信速度の改善が見込めます。2019年2月現在、IPv6接続に対応している一般的なWebサイトはGoogle・Youtube・Facebook・Netflix・WikiPedia位です。

つまりは、

  • ①は速度改善不可
  • ②は対応サイトが少ない為、一部のみ速度改善
  • ③はIPv6非対応のWebサイトでも速度改善

という事になります。

尚、下記参考記事では、IPv6接続とは何か?v6プラスはなぜ速くなるのか?ということから対応しているISP事業者まで徹底解説しています。

ドコモ光でv6プラス・transix(DS-Lite)等 IPv6に対応した13社のプロバイダを速度・料金で徹底比較!
ドコモ光契約時に一番重要なのはプロバイダ選びです。 理由はプロバイダにより回線速度や月額料金、オプションサービスの有無が変わってくるから。 そして、もう一つプロバイダ選びの重要な指標としてIPv6接続への対応有無...

 

オプションサービス

メールアドレス無料で最大5個

メールアドレスは標準で1つ提供されています。

追加を希望の場合にはファミリープラン(月額料金0円)に加入すると無料で利用できるアドレスを含めて最大で5つまで利用することができます

 

セキュリティが12ヵ月間無料

下記セキュリティソフトを12ヵ月間無料で利用できます。

常時安全セキュリティ24
月額料金500円(税抜)
1ライセンス3台
対象OSWindows、Mac、Android

 

設定サポートが初回無料

2017年12月よりリモートサポート及び、訪問サポートが初回無料で利用できます。訪問サポートに関しては開通から3ヵ月以内と期限があるので注意が必要です。

また、継続的にサポートを受けられたい方は、「@niftyまかせて365」というサービスも利用できます。

 

@niftyまかせて365

月額500円(税抜)で継続的に遠隔でのサポートが受けられます。このサポートサービスは、申し込み窓口によって月額料金が初月無料になるか否かが異なります。申込時に無料期間の有無を確認するようにしましょう。

また、サポートを受ける際、10分につき500円(税抜)という高額な料金がかかる場合もあります。

 

■参考記事

ドコモ光のネットトータルサポート(旧リモートサポート)は必要?解約方法や電話番号は?
ドコモ光リモートサポートの解約方法についてまとめています。電話が繋がりにくい為、解約時は時間を見計らって連絡する必要があります。不必要な出費を避けるためにも、初期設定終了後は早めに手続きを行いましょう。

 

ルーターのレンタルが無料

2019年より@niftyもルーターの無料レンタルを開始しました。スペックは以下のようになります。

型番WRC-1750GSV
規格IEEE802.11ac/a/n/g/b
データ転送速度1300+450Mbps
接続推奨台数18台
推奨環境4LDK又は、3階建て

上述したように@niftyは、通信速度の大幅な改善が見込める「v6プラス」を提供しています。このルーターは上述したv6プラスにも対応している高スペックのルーターです。

定価は11,540円(税抜き)。

また、コールセンターに確認したところ、1年間はメーカー保証が付いていますし、故障時も過失がなければ無料で修理も可能との事でした。

ルーターには強いこだわりがある。

という方以外は、無料レンタルを利用しない手は無いと思います。

 

解約時の手続き

ドコモ光解約時にプロバイダも同時解約になります。解約後もメールアドレスを利用希望の場合、1つ目は月額250円(税抜)。2つ目以上は、更に別途料金が発生します。

 

■参考記事

ドコモ光の解約!違約金や工事費・プロバイダは?固定電話はフレッツ光やアナログ回線に戻せるの?
ドコモ光、解約時の違約金や手続き、工事の流れをまとめてみました。尚、光電話やプロバイダに関しても注意が必要ですので事前にご確認を!

 

@niftyのメリット・デメリット

@niftyを利用するメリット・デメリットは下記点が挙げられます。

メリットデメリット
・オペレーターの対応が良い
・「v6プラス」で速度の評価が高い
・高スペックのルーターを無料で貸し出し
・セキュリティが12ヵ月間無料
・設定サポートが初回無料
・現金キャッシュバックが無い

 

セキュリティ・設定サポートに無料期間があるのはメリットです。

また、私の個人的な見解になりますが「@nifty」のコールセンターは誰が出ても対応品質が高いです。ユーザーと認識の食い違いがある可能性はかなり低いと思うので、サポートを受ける上では安心感があります。

そして、速度に関しては2019年2月時点の評価は決して高いものではありませんが、年間を通して高い水準を保っていますし、「v6プラス」による速度の向上に満足の声が多数上がっている事実もありますしルーターのレンタルも実施しているのでお薦めできる事業者の1つです。

しかしながら、唯一のデメリットとして挙げられるのは、現金のキャッシュバックを実施していないこと。

【2019年6月版】ドコモ光のキャッシュバックキャンペーンはGMO・ぷららがお得?
ドコモ光のキャンペーンは、ドコモ光が行うキャンペーンと代理店等が行うキャンペーンの2種類があります。 この記事では、プロバイダやオプションサービスの有無によりどの窓口から申し込むのが1番お得かキャッシュバックキャンペーンの詳細と共に解...

やはり現金がもらえるのと貰えないのでは、気持ち的に大きく違ってきますよね。だから、後悔しない為にもキャッシュバックを実施しているプロバイダを選択すべきだと私は思います。

@nifty以上にオプションサービスが充実しているプロバイダもありますよ。

IPv6対応で最大1Gbps!速いドコモ光は【GMOとくとくBBのドコモ光】