インターネット

フレッツ光のプロバイダ!インターリンクの「ZOOT NATIVE」とは?DS-Liteで速くなる?

投稿日:

フレッツ光のプロバイダ インターリンクが「ZOOT NATIVE(ズット ネイティブ)」というサービスを提供しています。このサービスは、IPv6接続の一種で通信速度の大幅な改善が見込めます。しかしながら、

いまいちサービス内容が分からない・・・

という方も多いと思います。

そこで、この記事では速度改善の理由から「ZOOT NATIVE」の特徴とメリット・デメリットについて解説します。

スポンサーリンク

DS-Liteとは

インターリンクが提供する「ZOOT NATIVE」とは、DS-Liteという接続方式を利用したサービスです。まずは、DS-Liteという接続方式から説明していきます。

尚、この記事は横文字が多くなるので、記事の始めと終わりで横文字の説明をします。

  • 3種類のIPv6接続:IPv6 PPPoE、IPv6 IPoE、IPv4 over IPv6
  • DS-Lite:IPv4 over IPv6の接続方式
  • ZOOT NATIVE:DS-Liteの通称

 

IPv6接続の種類

IPv6接続には、3つの種類がありプロバイダにより対応状況が異なります。

下記表は、ドコモ光プロバイダのIPv6接続対応事業者の一覧ですが、インターリンクは③のIPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)に対応しており大幅な速度改善が見込めます。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
DTI
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
@TCOM
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
※対応ISPは2018年5月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。

 

 

なぜ速度が改善?

 

インターリンクは、IPV6接続の中で最も速度の改善が見込める「IPv4 over IPv6」という接続方式に対応しています。では、なぜ速度が速くなるのでしょうか?

答えは、以下3つ。

  • 200Mbps制限のトンネルを通らない
  • 混雑するISP事業者を通らない
  • IPv6非対応サイトでの高速化

 

200Mbps制限のトンネルを通らない

フレッツ光の最大通信速度は1Gbpsです。しかしながら今までは、この速度を出すことは絶対にできませんでした。

理由は、自宅からプロバイダの間に「PPP」というトンネルがある為です。このトンネルの最大速度はなんと200Mbps。理論的に1Gbpsの速度が出るわけないですよね。

「ZOOT NATIVE」では、このトンネルをくぐらずにWebサイトへたどり着くことができます。

 

混雑するISP事業者

従来の接続方式だとWebサイトへたどりつく前にプロバイダの認証が必要でした。

インターネット利用者が増えれば増えるほど認証時点で混雑を引き起こす為、通信速度が遅くなってしまうんですね。

その問題を解消する為に「プロバイダ(ISP)事業者」ではなく「ネイティブ接続(VNE)事業者」を経由する事により混雑に巻き込まれずWebサイトまで辿り着くことができるようになりました。

尚、VNE事業者と私達のような1ユーザーが直接契約することはできないので、ISP事業者がVNE事業者と提携する必要があります。

インターリンクはマルチフィード(接続方式:DS-Lite)というVNE事業者と提携しています。

VNE事業者接続方式提携ISP
JPNEMAP-EGMOとくとくBB
IC-net
@nifty
ANDLINE
SIS
So-net
タイガースネット
BIGLOBEMAP-EBIGLOBE
OCNMAP-EOCN
ドコモnet
マルチフィードDS-Liteぷらら
ドコモnet
BBIX4rd/SAMYahoo! BB
※ドコモnetはv6アルファとtransixを併用してサービスを提供しています。
※Yahoo! BBはドコモ光提携プロバイダではありません。

 

 

IPv6非対応サイトでも高速化

WebサイトにはIPv6に対応したサイトと非対応のサイトがあります。

2018年5月現在、IPv6接続に対応している一般的なWebサイトはGoogle・Youtube・Facebook・Netflix・WikiPedia位です。

従来の接続方式ではIPv6に対応したサイトでしか通信速度の改善ができませんでした。しかしながら「ZOOT NATIVE」は上記以外のWebサイトでも速度の改善が見込めます。

つまり、今まで速度低下の要因だった以下の3つを「ZOOT NATIVE」では改善できるんです。

  • ◎⇒200Mbps制限のトンネルを通らない
  • ◎⇒混雑するISP事業者を通らない
  • ◎⇒IPv6非対応サイトでの高速化

 

尚、下記記事では、IPv6接続がなぜ速くなるのかをより深く解説しています。

 

ZOOT NATIVEを利用するには

料金

「ZOOT NATIVE」は月額料金2,000円(税抜)かかりますが、現在は最大2ヵ月間無料できます。また、最低利用期間等の縛りも無く違約金も不要なのでリスクなく始められます。

しかしながら、サービス利用するには用意すべき機器が必要になるんです。

 

利用するには対応ルーターが必要

「ZOOT NATIVE」を利用するには対応ルーターが必要になります。

ここで横文字のおさらいです。

  • 3種類のIPv6接続:IPv6 PPPoE、IPv6 IPoE、IPv4 over IPv6
  • DS-Lite:IPv4 over IPv6の接続方式
  • ZOOT NATIVE:DS-Liteの通称

「ZOOT NATIVE」は、DS-Lite方式でのIPv4 over IPv6接続。つまり、DS-Lite方式に対応したルーターの用意が必要になります。

下記は、2018年5月現在インターリンクが動作保証しているルーターです。料金は6,000円~20,000円位かかります。正直、痛い出費ですね・・・

メーカー型番
バッファロー(BUFFALO)WXR-1750DHP
WXR-1751DHP2
WXR-1750DHP2
WXR-1900DHP(ファームウェアVer2.31以降)
WXR-1900DHP2
WXR-1900DHP3
WXR-1901DHP3
WXR-2533DHP
WXR-2533DHP2
WTR-M2133HP
YAMAHANVR500
NVR510
RTX1200
アイオーデータ
(IO DATA)
WN-AX1167GR(ファームウェアVer3.10以降)
WN-AX1167GR/V6
WN-AX1167GR2
WN-AX2033GR(ファームウェアVer.2.00以降)
IIJ SEIL
(ソフトウェアルーター)
SEIL/x86 3.21以降

 

 

メリット・デメリットまとめ

以上、インターリンクの「ZOOT NATIVE(ズット ネイティブ)」についてまとめてみました。

メリットデメリット
・通信速度が速い
・2ヵ月間無料
・月額料金が高い
・ルーターの用意が必要

 

「ZOOT NATIVE」は、通信速度の大幅な改善が見込めるサービスです。また、最大2ヵ月間無料で利用でき、違約金もなく辞められるので気軽に始めやすいですが反面、月額料金は2,000円かかりますし、ルーターをご自身で用意しなければならいのはデメリットです。

それに対して、ドコモ光でプロバイダを「GMOとくとくBB」にすれば同等のサービスを月額料金永年無料。更に高スペックのルーターを無料でレンタルできます。

おまけにプロバイダ込みで以下の月額料金になり、ドコモ光パックが適用されれば最大で3,500円の割引が受けられます。

<ネットのみの料金>

  • 戸建て⇒5,200円
  • マンション⇒4,000円

「ZOOT NATIVE」の利用を検討中の方は一度、ドコモ光への切り替えも検討してみてはいかがですか?

 

スポンサーリンク

-インターネット


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

v6プラス(アルファ)・transixの方式 IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6とPPPoEの速度・機器が違う理由を徹底解説!

v6プラス・v6アルファ・transixは通信速度の大幅な改善が見込めるサービスです。 IPv6接続には、、、 IPv6 PPPoE IPv6 IPoE IPv4 over IPv6 の3種類があり、 …

Softbank(ソフトバンク)Air!契約・解約時の注意点!プラン選択や違約金について!

SoftBank Air。 届いた機器をコンセントに差し込むだけで、工事や簡単な設定ですぐに利用でき、通信制限も無くインターネットが利用できるサービスです。 しかしながら、何も調べずに利用開始してしま …

ソフトバンク光のプロバイダ!Yahoo! BBの通信速度は?転用時はプラン変更や解約が必要なの?

2015年から提供を開始した光コラボレーションの「ソフトバンク光」。プロバイダは、フレッツ光やドコモ光のように選択はできませんので、「Yahoo! BB」一択となります。 そんなISP事業者「Yaho …

OCN光の「v6アルファ」で速度改善?IPv6接続対応ルーターのレンタルや月額料金は必要?

OCN光は、2015年より始まった光コラボレーションモデルの一つです。ご存知の方も多いと思いますが、光コラボは全てフレッツ光の設備を利用しており、違いはプロバイダ(So-net光はSo-net・ソフト …

ぷらら光の速度は遅い?transix(IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6)対応で評判は改善?

ぷらら光は、2015年より始まった光コラボレーションモデルの一つです。ご存知の方も多いと思いますが、光コラボは全てフレッツ光の設備を利用しており、違いはプロバイダ(So-net光はSo-net・ソフト …

フレッツ光や光コラボの転居(引っ越し)手続き!住所登録の方法は?

新築等に移転する際、必要になるのがインターネットの引っ越し手続きです。 光コラボレーションモデルは、全てフレッツ光の設備をレンタルして使用しています。よって、どの光コラボレーションモデルを利用する際も …

So-net光の速度は「DS-Lite⇒v6プラス」で改善? Wi-Fiするにはルーター or 無線LANカード?

So-net光は、2015年より始まった光コラボレーションモデルの一つです。ご存知の方も多いと思いますが、光コラボは全てフレッツ光の設備を利用しており、違いはプロバイダ(So-net光はSo-net・ …

ソフトバンク光の速度が遅い?改善策は「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE+IPv4」!

ソフトバンク光の通信速度が遅いという評判をよく見かけます。 でも、それって本当なのでしょうか? ソフトバンク光は、2015年より始まった光コラボレーションモデルの一つです。ご存知の方も多いと思いますが …

ソフトバンク光でルーターが無料?Wi-Fiマルチパック・光BBユニット・無線LANカードの必要性を徹底解説!

ソフトバンク光でWi-Fi接続するにはどうすればいいのでしょうか? 実際にWi-Fi利用者の意見を見てみると、、、 光BBユニットだけでWi-Fiができると思っていた Wi-Fiマルチパックに毎月99 …

【2018年7月版】ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンでおすすめの代理店を徹底比較!

ソフトバンク光のキャンペーンは、ソフトバンク光が行うキャンペーンと代理店等が行うキャンペーンの2種類があります。そして、一番お得なのは代理店経由でソフトバンク光を申し込んで、どちらの特典も受け取ること …

スポンサーリンク

PCサイド上部

スポンサーリンク

当ブログでは可能な限り公開時点の正しい情報を提供するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性を保証するものではありません。
当ブログに掲載された内容により損害等が発生した場合であっても責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

30代男性です。このブログのコンセプトは「ネット上に出回っていない情報を少しでも多く届ける事」です。営業経験も長い為、情報を聞き出す事・調べる事には自信を持ってます。正確で皆様のためになる情報をこれからもお届けしたいと思います。