インターリンクのIPv6接続「ZOOT NATIVE」で遅い速度が改善?実際の評判は?

スポンサーリンク
IPv6

フレッツ光のプロバイダ インターリンクが「ZOOT NATIVE(ズット ネイティブ)」というサービスを提供しています。このサービスは、IPv6接続の一種で通信速度の大幅な改善が見込めます。しかしながら、

いまいちサービス内容が分からない・・・

という方も多いと思います。

そこで、この記事では速度改善の理由から「ZOOT NATIVE」の特徴とメリット・デメリットについて解説します。

スポンサーリンク

ZOOT NATIVEとは

インターリンクが提供する「ZOOT NATIVE」とは、DS-Liteという接続方式を利用したサービスです。まずは、DS-Liteという接続方式から説明していきます。

尚、この記事は横文字が多くなるので、記事の始めと終わりで横文字の説明をします。

  • 3種類のIPv6接続:IPv6 PPPoE、IPv6 IPoE、IPv4 over IPv6
  • DS-Lite:IPv4 over IPv6(transix)の接続方式
  • ZOOT NATIVE:DS-Liteの通称

 

IPv6接続の種類

IPv6接続には、3つの種類がありプロバイダにより対応状況が異なります。

下記表は、ドコモ光プロバイダのIPv6接続対応事業者の一覧ですが、インターリンクは③のIPv6 IPoE (IPv4 over IPv6)に対応しており大幅な速度改善が見込めます。

接続方式対応ISP
①IPv6 PPPoE
⇒速度改善不可
BB.excite
01光コアラ
@ネスク
hi-ho
TiKi TiKi
TNC
@ちゃんぷるネット
エディオンネット
②IPv6 IPoE
⇒一部速度改善
SYNAPSE
ASAHIネット
WAKWAK
③IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)
⇒速度改善
GMOとくとくBB
BIGLOBE
OCN
ANDLINE
IC-net
@nifty
So-net
SIS
ぷらら
ドコモnet
タイガースネット
DTI
@TCOM
※対応ISPは2019年2月時点のデータ(順次更新中)です。
※記載の無いプロバイダは、IPv6接続に未対応です。
※BB exciteは、ドコモ光ではなくexcite MEC光利用時のみ「IPv4 over IPv6」に対応済です。

 

 

なぜ速度が改善?

 

インターリンクは、IPV6接続の中で最も速度の改善が見込める「IPv4 over IPv6」という接続方式に対応しています。では、なぜ速度が速くなるのでしょうか?

答えは、以下3つ。

  • 200Mbps制限のトンネルを通らない
  • 混雑するISP事業者を通らない
  • IPv6非対応サイトでの高速化

つまり「ZOOT NATIVE(IPv4 over IPv6)」に対応していれば上記のような速度低下の原因を全て避けることができるんです。

尚、より詳しく速度改善の理由が知りたい方は下記記事をご確認ください。

v6プラス(アルファ)・transixの方式 IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6とPPPoEの速度・機器が違う理由を徹底解説!
v6プラス・v6アルファ・transixは通信速度の大幅な改善が見込めるサービスです。 IPv6接続には、、、 IPv6 PPPoE IPv6 IPoE IPv4 over IPv6 の3種類があり...

 

実際の評判は?

twitterを見てみると「速度が速くなった」という方が多いように感じます。ただ、インターネットは環境で速度は大きく異なるので、思うようには改善しない場合もあります。

 

 

 

ZOOT NATIVEを利用するには

料金

「ZOOT NATIVE」は月額料金2,000円(税抜)かかりますが、現在は最大2ヵ月間無料できます。また、最低利用期間等の縛りも無く違約金も不要なのでリスクなく始められます。

しかしながら、サービス利用するには用意すべき機器が必要になるんです。

 

利用するには対応ルーターが必要

「ZOOT NATIVE」を利用するには対応ルーターが必要になります。

ここで横文字のおさらいです。

  • 3種類のIPv6接続:IPv6 PPPoE、IPv6 IPoE、IPv4 over IPv6
  • DS-Lite:IPv4 over IPv6(transix)の接続方式
  • ZOOT NATIVE:DS-Liteの通称

「ZOOT NATIVE」は、DS-Lite方式でのIPv4 over IPv6接続。つまり、DS-Lite方式に対応したルーターの用意が必要になります。

下記は、2019年4月現在インターリンクが動作保証しているルーターです。料金は6,000円~20,000円位かかります。正直、痛い出費ですね・・・

メーカー型番
バッファロー(BUFFALO)・WXR-1750DHP
・WXR-1750DHP2
・WXR-1751DHP2
・WXR-1900DHP
・WXR-1900DHP2
・WXR-1900DHP3
・WXR-1901DHP3
・WXR-2533DHP
・WXR-2533DHP2
・WTR-M2133HP
・WRM-D2133HP
・WSR-2533DHP2
YAMAHA・NVR500
・NVR510
・RTX1200
アイオーデータ
(IO DATA)
・WN-AX1167GR
・WN-AX1167GR/V6
・WN-AX1167GR2
・WN-AX2033GR
・WN-AX2033GR2
・WN-SX300FR
IIJ SEIL
(ソフトウェアルーター)
・SEIL/x86 3.21以降
エレコム
(ELECOM)
・WRC-1750GSV
・WRC-1167GST2
・WRC-2533GST2
NECプラットフォームズ
(Atermシリーズ)
・Aterm WG1200HS3
・Aterm WG1200HP3
・Aterm WG1800HP4
・Aterm WG1900HP2
・Aterm WG2600HP3

 

メリット・デメリットまとめ

以上、インターリンクの「ZOOT NATIVE(ズット ネイティブ)」についてまとめてみました。

メリットデメリット
・通信速度が速い
・2ヵ月間無料
・月額料金が高い
・ルーターの用意が必要

 

「ZOOT NATIVE」は、通信速度の大幅な改善が見込めるサービスです。また、最大2ヵ月間無料で利用でき、違約金もなく辞められるので気軽に始めやすいですが反面、月額料金は2,000円かかりますし、ルーターをご自身で用意しなければならいのはデメリットです。

それに対して、光コラボ業界最安のenひかりであれば、同等のサービスを月額料金180円。更に高スペックのルーターを無料でもらえるキャンペーンを実施中です。

<ネットのみの料金>

  • 戸建て⇒4,300円
  • マンション⇒3,300円

「ZOOT NATIVE」の利用を検討中の方は一度、enひかりを検討してみてはいかがですか?

 

コメント

スポンサーリンク